与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

56 ツタンカーメンは倭人

95 ツタンカーメンの謎 3

ツタンカーメンは天若彦
「古事記」「日本書紀」の神代巻に、高御産巣日神と天照大御神の命令により「天の安河の八百万の神を神集へに集へて」協議をするというシーンで、この天若彦が出てまいります。
神々が会議に召集されたのは、豊葦原の千秋長五百秋の水穂国が騒然とした世上となっているからだと説明されています。
「葦原中国はわが御子(正勝吾勝勝速日天忍穂耳 アメノオシホミミ)に統治する国として委任した国である。ところがこの国には暴威をふるう乱暴な国つ神どもが大勢いるので、誰を遣わしてこれを平定したらよいだろう」と仰せになり、天菩比神を遣わしたのです。しかし、彼は大国主神に媚びついて、三年たっても復命しません。そこで、次に天若彦を遣わすことになるのです。

天若彦は、天之麻迦古弓と天之波波矢を賜って、その国に遣わされます。ところが、天若彦はその国の大国主神のむすめ下照姫を娶ってその国を獲ようと慮ってしまい、そして八年の時が過ぎてしまったのです。
天若彦が「下照姫を娶って、その国を獲ようと」図った「その国」とは「黄金に富むエジプト」であり、天若彦がエジプトのファラオになりたいという野望を抱いたのであり、それは、少なくとも外面的には、兄妹や親族のなかで最も華やかな王になることを意味します。
しかし、実は、この下照姫と天若彦はアンケセアメンとツタンカーメンという兄妹なのですから、王朝に、ますます幾重にも不吉な暗雲がたちこめることになったのです。

そこで、遣わされたのが「雉、名は鳴女」で、天若彦の門の「ゆつ楓」の上に止まって、天つ神の詔命を委曲を尽くして伝えましたが、「天探女」の進言によって、天若彦は、「天つ神から賜った天の櫨弓と天の鹿児矢」を執って、雉を射殺してしまいます。
雉を射た矢は、天の安河原にいます高御産巣日神や天照大御神の御前に届きます。
そこで、高御産巣日神は、この矢はわたしが天若彦に与えた矢である。もし天若彦に邪心があるならば天若彦はこの矢にあたって死ね」と仰せられて、その矢を投げ返されたところ、その胸に命中して天若彦は死んでしまったと記されています。

天若彦に遣わされた「雉、名は鳴女」とは、いったいどんなことを示唆しているのでしょう。
それは「名が鳴女」即ち「ナガナキ」女であり、天岩戸の場面で登場する鳥「ナガナキ」鳥と同種の神鳥です。
「古事記」「日本書紀」の天照大御神が天岩戸に籠られたとき、岩戸の前で鳴かしめた「常世の長鳴き鳥」のことなのです。それは、柿本人麻呂が「あしびきの山鳥の尾のシダリオのながながし夜をひとりかも寝む」と詠んだ山鳥=日本=トロイア=トリであることを示唆しています。

すなわち、長い間名が埋もれてしまうトロイア日本、アイデンティテイーを喪失し、名声を失くしてしまった日本にまつわる神聖な使いなのです。

この「ナガナキ」雉が止まっていたのが、天若彦の門の「ゆつ楓」という神聖な樹の上であることは、「世界樹」に関する重要な「きじ」であることを意味しています。

これは、ホメロスの「イーリアス」の中で、トロイ戦争の原因が、アキレウスの父母のペーレウスとティティスの結婚式にあり、この婚儀が原因で、ヘスペリデス(不死の庭園)の黄金の林檎(世界樹)をめぐって、殊にヘーラー、アテーナー、アプロディーテーの三女神による激しい対立が起こり、これに神々全てが巻き込まれる争いに発展したことが語られているというその記事に対応していることを示しているのです。
聖書では、「エデンの園の命の樹」にまつわる神話として語られています。
そして、天若彦にまつわる一連の記事は、天若彦が高御産巣日神や天照大御神の託した使命に背き、預言者(しかも自国の預言者)を殺しトロイアを滅亡に追い詰めたことの報いとして殺されたという内容です。


また、「古事記」のこの記事において、天若彦の弓矢は極めて重大な使命と神秘力とを含めて語られています。
敵側と味方側の弓矢が「同一」であったことを語って、同族の同士討ちとなってしまったことを暗示していますし、天若彦が、「和平」の使命に反して、しかも、身内に刃向かって「戦争」を遂行したことを意味しています。
また、この弓矢は単なる弓矢ではなく、天若彦に託されていた武器全般、戦車までも含まれると考えられますが、一方で、「恵穂葉神=矢羽=ヤハ」の象徴物としての弓矢であり、弓型の日本の象徴の可能性すらあるのです。

さらに、重要なことは、「古事記」「日本書紀」のこうした記事は、過去と未来を同時に委曲を尽くして伝えるという高等技術を駆使していることを理解することです。

日本では、これは「大国主の国譲り」という事件の一場面でもありますが、歴史的にみますと、「トロイアの移遷」であり、聖書的には「出エジプト」となります。

こうした、国際的にみても非常に重要な問題を孕んでいる記事ですから、ここで強調されている武器、弓矢などという言葉にも注意を払わなくてはなりません。

その弓矢は「天の安河」に届いたと書かれています。
天の安河とは天の川のことで、天若彦は天の川の伝説や行事と結び付けられて、三千数百年もの永きにわたって語り継がれているのです。
そして、天の安河とはナイル川のことなのです。くわしくは、このブログの「オリオンミステリー」を参照してください。
ナイル川のテーベにあるツタンカーメンの墓から出土した「ツタンカーメンの弓矢をつがえている肖像画」に注目してみましょう。
この弓は「大弓」とよばれるものです。


「夷=えびす」という字をよく見てください。「大弓」の文字が組み合わせからなる文字なのです。
また、鉄には、「銕」という字もあり、てつ、即ち、くろがねのことです。
日本の恵比寿様は釣竿と糸を持っておられますが、これも大弓と弦の化けたものでもあると考えられます。

また、ギリシャ神話では、弓矢はアポロンの持ち物、あるいはキューピットの持ち物として有名です。

神話では、ヘリオス(太陽神)の子(アポロン)は、日輪を運ぶ父の四頭立ての馬車を馭してみたいと願い、父に強引にせがんで馬車を借り受けて馭します。しかし、その技量がなくて、馬車はふらふらと軌道を逸れて暴走してしまい、ために、地は焼け焦げめちゃめちゃになってしまいました。それ以上の害を避けるために、ゼウスの雷に撃たれてしまい、太陽の子は馬車もろともエリダノス河に落ちてしまいます。

この神話は、ツタンカーメンにもあてはまりますし、明治以来の日本にも当てはまります。
エリダノス河とは古来謎とされていましたが、ナイル川、また天の川=天の安河であることについては、このブログのオリオンミステリーの項目で説明しております。





スポンサーサイト

55 ツタンカーメンは倭人

94 ツタンカーメンの謎 2

ツタンカーメンは倭人
このことを検証するまえに、ツタンカーメンがアキレウスであり、さらに、トロイア王子のパリスであるという私の大胆な仮説について説明したいと思います。

ホメロスの大叙事詩「イーリアス」の主人公がアキレウスであるというのは非常に不思議なことです。
トロイア戦争の原因がアキレウスの母ティティスの結婚にあることも謎です。
トロイア滅亡の戦記である「イーリアス」は、本来ならば、トロイア滅亡の原因となったトロイア王子ヘクトールかパリスが主人公のはずです。しかし、アキレウスとパリスが同一人物であれば、ホメロスの「イーリアス」の主人公がアキレウスであるという構成の謎が一気に解決します。

パリスのトロイア王子としての本名がアレキサンドロスであるというのもアキレウスのアナグラムを取り入れたことを思わせる材料です。
アキレウスとパリスの死亡はほとんど同時であり、アキレウスはパリスに殺されるという形での終焉となっています。

トロイア王子パリスには、イーデー山に捨てられ、羊飼いに育てられるという生い立ちがありました。
アキレウスも父母のもとでではなく、ケイロンという「半人半馬」に養育されたという生い立ちがありました。しかし、この「半人半馬」とは「半人半牛」のクレタ島の別称であると考えられます。
イーデー山は現在のトルコにありますが、イーデー山はクレタ島にもあり、そこは、ゼウスが養育されたという伝説の地でもあります。神々の王ゼウスは、宇宙と天候を支配する全農の神ですが「雷」性を帯びることがあることでも知られています。

ツタンカーメンがアキレウスにしてトロイア王子パリス、又の名アレキサンドロス(アレキサンダー)であると、わたくしは解しているのですが、アレキサンダーとは、このゼウスの雷電の属性を表す言葉であると
思います。

後の有名なアレキサンダー大王もこの一族であり、そのゆえにゆかりのあるエジプトにわざわざ「アレキサンドリアという大都市を建設したものと考えられます。
アジアでは、アレキサンダー大王は「角がある人」と伝えられていますが、モーセもまた同じです。
角が角(かど)でもあるという日本語でなくてはこの謎は解けません。角産(カドムス)即ちピラミッド建造者としての誇りを表したもので、コンパスと定規をシンボルにしていたアトラスの表象なのです。
角を付けたアッシリア王像やコンパスと定規そしてピラミッドをシンボルとして使用しているフリーメイソンなどは、真似をしているだけです。

モーセの神宝を運び出したはアジスキタカヒコネの命です。すなわち、モーセもゼウス一族なのです。

「古事記」「日本書紀」のアメワカヒコがエジプト王ツタンカーメンで、かつトロイア王子パリス(アレキサンドロス)ですが、その妻の下照姫の兄アジスキタカヒコネが、一族の神宝を持っていることを、「古事記」の下照姫が謎詩であかしています。




ツタンカーメンとオイディプス悲劇

ツタンカーメンの別名にはエテオクレースEteocles(真のクレタ人)というのもあるのです。
ホメロスは「オデュッセイア」において、「クレタ島には、アカイア人あり、大いなる心のエティオクレース人あり・・・」とオデュッセウスに語らせています。

エテオクレースは、ギリシア悲劇に登場する人物で、テーバイ王オイディプスと、その母であり妻となったイオカステーの息子です。
すると、オィディプス王とイオカステーは、アクエンアテン王とテイィであり、それはペーレウスとティティスということになります。

ペーレウスとティティス
ペーレウスとティティス 460 BC ルーブル美術館蔵 ウィキペディアより

これが、トロイ戦争の発端となった「アキレウスの父ペーレウスと母ティティス」です。
この図柄は息子が母を犯しているシーンに見えてしまいます。
ルーブル美術館がペーレウスとティティスのこうした図柄のギリシャの壺や皿をいくつか所有していますが、ウィキペディアでの説明には、「ペーレウスにレイプされているティティス」となっています。
「オィディプス王」の劇では、神託によって「他国へ捨てられた息子」であるとなっています。

実際アクエンアテン王の振る舞いとそれに続くツタンカーメン王の近親結婚によって、エジプト(実はトロイアも)が大混乱になり、その後の地中海の諸国の衰退をきたしていますので、史実とわたくしの仮説はうまくかみ合っています。


オイディプス(テーバイ王)から

父オイディプス(テーバイ王)が自分の出生の秘密と神託の真実を知って、アンティゴネー、イースメネーを伴い国を出ます。
その秘密とは、テーバイの先王ラーイオスに「男の子が生まれたら、その子に王は殺され、王妃(母) を妻にして子をなす」という神託のことでした。そこで、王はわが息子の殺害を依頼したのですが、その子は殺されずにコリントス王の息子として育てられます。こうして、その素性を知らないまま成長し、行き違いから預言の通りにラーイオスを殺して王妃(母)イオカステーとの間にエテオクレースのほかに、兄ポリュネイケース、 姉アンチゴネー、姉イースメネーが生まれたのです。、、

この恐ろしい真実を知って、オイディプスが出て行ったあと、エテオクレースは兄のポリュネイケースと一年おきに国を治めることになりますが、その兄を国外追放して国を独占します。
そして、国を逃れてアルゴス王アドラーストスの娘と結婚したポリュネイケースとエテオクレースは、戦闘で相討ちとなり死亡したといわれています。


この、テーバイとは、あたかもギリシャのテーバイであるように工作してありますが、実はエジプトのテーベ王朝のことであり、オイディプスとはエジプト王という意味だったのです。
ギリシャ非劇と解釈されていたこの近親相姦の悲劇は、じつは、エジプトの王朝にしてトロイア王朝の悲劇を脚色したものだったということになります。

この仮説が正しいかどうか、2012年8月11日の土曜プレミアム「独占解明!誰がツタンカーメンを殺したのか?~謎の少年王・悲劇の生涯」と照合してみるとよくわかります。

この番組で、ツタンカーメンについての謎を追及する元エジプト考古庁長官のザヒ・ハワス博士の研究結果によれば、ツタンカーメンの祖父は、アメンホテプ3世。祖母はティイ。

その二人の間に生まれたのがツタンカーメンの父親であるアクエンアテン王です。


最近のDNA鑑定の結果、ツタンカーメンの母親は王妃ネフェルティティでなく、父親アクエンアテンの妹もしくは姉のどちらかだと判明したそうです。
つまり、ツタンカーメンは、兄弟と姉妹の間の子供だそうです!!
しかし、戯曲では、父アクエンアテンの母ティイが母であるということになり、すると、このティィがティティスとなります。どちらにしても近親相姦の悲劇には違いがありませんから、生まれてすぐにケイロンに預けられるのも無理ありません。

ツタンカーメンもまた2歳年上の姉アンケセナーメンと結婚します。
アンケセナーメンは、父親アクエンアテンと美貌の王妃ネフェルティティとの間の子供ですから、ツタンカーメンとアンケセナーメンは父親を同じくする異母姉弟間で夫婦になったということになります。
しかも、アンケセナーメンは、その前に、父のアクエンアテン王と結婚して自から王妃となっていたのですが、その二年後にアクエンアテン王が死亡した・・・という前歴があります。

なぜ、こんな、親子兄弟姉妹間の結婚が続いたのかといえば、それは、エジプトが実はトロイアであり、ヒッタイトであり、ギリシャであり・・・という多重国家だったことにありそうです。つまり、エジプトもトロイアもクレタ島もヒッタイトも「アトランティス」だったのであり、このことは、ごく少数の王や神官しか知り得ない秘密だったことが混乱の大きな要因であったと考えられます。

そして、王子たちを、「神託により捨てる」と称して、あちらこちらの国々に送り込んだことが、混迷に拍車をかけたと考えられます。
エジプトにおいて、モーセが赤ん坊の時に「葦船に乗せて捨てられた」というのは、聖書に記されている有名な記事です。そうしてエジプトでは、かの「出エジプト」がなされました。
トロイア戦争は「出トロイア」とも言えます。両者は、同じ事件なのです。

日本では、「古事記」の神代巻に、「伊邪那岐命と伊邪那美命との間に生まれた子ヒルコを葦船に入れて流し去てき」と記されています。
ヒルコとは、エジプトの「太陽の都」ヒルコン、即ち、ヘリオポリスのことであると木村鷹太郎氏は説いています。

日本では、この「ヒルコ」は、水蛭子、蛭子神であり、恵比須、即ち「エビス」とも言われて、「大黒様と恵比寿様」一対の福の神として知られています。これは、「大国主と少彦名」のことでもあるのです。

また、「出エジプト」が「出トロイア」であり、のちに「出ヒッタイト」ともなったという経緯を「証拠づける文書」、それこそが「ファイストス円盤」なのです。
すると、それは同時に「アルゴー船」の消息についてもわが日本がカギを握っていたということを「ファイストス円盤」が明かしていることになります。

そして、ツタンカーメンが倭人であることが明らかになった今、エジプトの黄金文化とアルゴー船の金の羊毛伝説とが結びつく可能性が大きくなってきたのです。
それが、「ファイストス円盤」が偽物であるなどというとんでもない偽情報を天下のタイムズ・オンラインともあろうものが世界に発信しなければならない第一の要因なのです。
そして、「ファイストス円盤」中に秘められているアルゴー船星座、牡牛座星座、スバル=プレアデス遷座、ピラミッド図・・などを、英語でのグ・グ・検索から殆ど辿れないように隠してある理由の一つです。

しかし、日本人以外では決してこの秘密を解明し得ないことがあきらかですので、わたくしのブログは抹殺されないで辛うじて生き延びさせられているのです。





プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。