与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3 邪馬台国論争100年の不毛

100 決着がつかない邪馬台国論争

権威主義の弊害 2

1910年(明治43年)という年は、邪馬台国と卑弥呼の研究史の上において画期的な年でした。
この年、「邪馬台国」に関する三者三様の説が相次いで発表されたのでした。
東京帝国大学の白鳥倉吉が「倭女王卑弥呼考」を発表し、「邪馬台国九州説」を主張したのに対し、
京都帝国大学の内藤虎次郎は「卑弥呼考」を発表し、邪馬台国畿内説を主張しました。
木村鷹太郎の「東西両大学及び修史局の考証を駁(はく)す」 -倭女王卑弥呼地理について- という論文が読売新聞に掲載されました。これが「邪馬台国エジプト説」という第三の説です。
しかし、第三の説木村鷹太郎の「邪馬台国エジプト説」をすっぽりと抜いて、学会はもとよりジャーナリズム挙げての一大論争が繰り広げられることになったのです。「東京帝国大学の白鳥倉吉の邪馬台国九州説」対「京都帝国大学の内藤虎次郎の邪馬台国畿内説」の大論争として。
この両者の論争こそ、今日に到るまで何ら決着のつかない邪馬台国の所在をめぐる加熱した論議の直接的な発端となったのです。
この両者は、「魏志倭人伝」という原典が不備であると断定し、ゆえに「木村鷹太郎の説の検証の要なし」として、木村鷹太郎の説を黙殺しながらも、自説を広めることには余念がなかったのでした。
邪馬台国論争」において、この東大と京大の二大権威者たちは、「自分の学説と異なるところはすべて、原資料のほうの間違いである」と断定しているのです。
権威者たちは、木村鷹太郎を葬りさるにあたって、さらに、木村鷹太郎をキチガイであると次のように論じました。
 「木村君は発狂せるがごとし。新研究はたして儲かるか、儲からざるべし。
 若し儲かるが故なりとせば、あるいは利益のために異論を立つることも之あらん。
 木村君が儲からざる仕事をなし、異論を立つるを見るときは、以って発狂を判知するに足る。」

それは、100年間、木村鷹太郎を葬り去ったにとどまらず、日本民俗の偉大な古代史を葬り去ってしまう愚挙でした。
彼らは、自己の低レベル学説を擁護するために、国民のレベルを貶めることにまんまと成功して、100年間の愚民化政策に貢献した顕著なた例として、東京帝国大学の白鳥倉吉と京都帝国大学の内藤虎次郎の両名の事績は後世に語り継がれることになるでしょう。

こんなインチキを誰も見抜けないようでは、日本の将来はお先真っ暗です。
原子力発電所という「トロイの馬」が日本中に置かれているのも、「原子力はクリーンなエネルギーです」と宣伝してはばからなかった権威者たちや政治家の詐欺行為のせいなのですから。
東大と京大をはじめとする権威者たちの中には、国民を欺きとおしている者たちがいるわけです。
こんな単純なことで騙され続けてきたわたしたちは、一億総白痴と言われても仕方がありません。
日本のこの百年間の教育とは「騙されやすい人にする」ことに主眼をおいて敷設されているのです。
政府の面々の判断力のなさ、指導力のなさなどを批判できないようにするためです。

今からでもおそくはありません。
日本国民愚民化の限りを尽くす詐欺師どもの計略を出し抜くために世界中に張り巡らせてある古典「網」、それこそが、世界を切り開いてきたわが先祖たちの残してきた、驚異的な「知的遺産」なのです。
せっかく受けてきた学歴を無駄にしないで有効につかって、わが先祖たちの声に耳を傾けて、その真意を汲もうではありませんか。
日本はいやでも、その先祖たちの偉大なメッセージにすがらなければならなくなる時がきます。


木村鷹太郎氏の「帝国大学の史学界批判」の一端を挙げてみます。
「日本太古史」下巻 1912年(明治45年)博文館 発行 序文より抜粋 
 現時の史学界は全然高等批評を欠損す。
 ゆえに只信仰(思い込み)と牽強付会とがあるのみにして、
 分析、批判、懐疑等を為すことなく、また、
 哲学力を有せざるが故に、知識の大綜合を為すことあたわず、
 その為すところ悉く児戯に類す。
 帝国大学の斯学界のごときは殊に然り。
 帝国大学は学問知識の淵叢なりと自称せりといえども、
 その実、これに反して何ら深玄なるものあるなく、
 頭脳不良なる史学家、言語学者やからが、
 いたずらに教授博士等の美名を盗みて、
 その無知無学に鑛金(めっき)し、以って俗人を欺けるのみ。
 ああ、これ学問知識の淵叢か、沼沢か。
 然り、これ沼沢なり。彼らはそれに住せる魑魅魍魎なり。


これは、100年以上昔に書かれたことですが、「邪馬台国論争」と史学界は、今なおドロドロの沼沢から一歩も抜け出せずにさまよい続けています。まことに魑魅魍魎の世界です。

安本美典氏は、巷では、「邪馬台国研究」の権威者であるようです。
「卑弥呼と邪馬台国」という安本美典氏の著書は、「コンピュータによって幻の王国と伝説の時代を解明した。」のだそうで、「文献研究の第一人者(安本美典氏のこと)が、理科系的な発想に基づいて史料を見直し、卑弥呼と邪馬台国の謎を解き明かした。」と広告しています。

この「文献研究の第一人者」にして「理科系的な発想によって邪馬台国の謎を解き明かした」という安本美典氏の「木村鷹太郎批判」が振るっていますので紹介します。
 「邪馬台国」について、極端な地域を主張する説がある。
 木村鷹太郎の邪馬台国エジプト説
 バイロンの評伝やプラトーンの翻訳で知られる木村鷹太郎氏が唱えた説である。
 卑弥呼は、九州の一女酋ではなく、エジプトの女王だとする。
 専門の分野ではそれなりの実績を残した学者だが、
 邪馬台国問題については言っていることがめちゃくちゃである
 なぜ、長年にわたる議論に決着が付かないのか、また、
 このような極端でとっぴな説がなぜまかり通るのか。
 これは、邪馬台国問題解決へのアプローチに問題があり、
 それぞれの説の正否を判断するときの、
 方法論や判断の基準が曖昧なことが大きな原因である。
 「邪馬台国の議論は、上述の極端な説のような思いこみや独りよがりではなく、
 客観的な情報によって仮説を検証していくこのような立場から議論を行なうことによって、
 はじめて実りある結論が得られる」。
 「邪馬台国は客観的に存在したと考える実在論の立場がまず必要である。
 その上でさまざまな情報から、実際に存在した邪馬台国がどのようなものか
 再構成していくことになる。」

これには、失笑するしかありません。
「邪馬台国問題解決へのアプローチに問題があり、それぞれの説の正否を判断するときの、方法論や判断の基準が曖昧なことが大きな原因である。」というお言葉を、そっくりご自分に当てはめてみてくださいと言いたい。
実在論の立場にとっても、理科系的検証にとっても、最も重要な、「方向、距離」等の情報が完璧に一致する説を黙殺して、3パーセントも合致しない九州の甘木あたりを邪馬台国とすることが「客観的かつ理科系的なアプローチによって邪馬台国の謎を解き明かした。」といえるのですか?
このトンデモ説をもって第一人者気取りで衆を煙に巻いているとは、何と空しいことでしょう。
安本氏の方法論に最も反しているのは安本氏自身なのです。


原田実氏も、ご自分を「邪馬台国研究」における第一人者だと思っておられるようです。
「木村鷹太郎の邪馬台国論をめぐって・・・遥かなり埃及(エジプト)」という論文で、
 木村鷹太郎が「邪馬台国エジプト説」という破天荒な結論に至ったのは、
 どこかでつまずいてしまったのであって、そのつまずきの石として、
 ①直線的読方への固執
 ②絶対年代の軽視
 ③『三国志』全体における倭人伝の位置付けを見失ったこと

と分析して、木村氏を馬鹿にしきっておられます。
しかし、この3項目を当てはめるべき人は、原田実氏本人です。
とくに、「『三国志』全体における倭人伝の位置付けを見失った」のは、原田氏ご自身にほかなりません。
「自分の目の中に梁があるのに、『あなたの目の中のゴミを取らせて下さい』と言っていっているのが、安本美典氏と原田実氏です。
こうして、盲人が盲人を導いているのが日本国の大問題なのです。
これは、単に知識の問題ではなく精神の問題であるということに、気付かなければなりません。
思い上がった魑魅魍魎が人を導くことは、国の不幸の元なのです。
これは、日本だけの問題でゃありません。
欧米やいスらエるでも蔓延している「憂うべき大問題」です。

「911」がアメリカ政府ぐるみの「人類を欺く」事件であることをご存知の方は多いはずです。
あれほどまでの大がかりなことを、「テロ集団」でやってのけることは不可能です。
しかし、日本でも欧米でもいスらエるでも、学者たちや権威者たちは「黙して」います。

100年前に、日本政府が御用学者たちを使って、日本の歴史を封殺したのも、911テロ事件を画策して、アラブ諸国を空爆しているのも、同じ「NWO」すなわち、「新世界秩序」「世界統一」の首謀者たちの手先たちのなせるわざなのです。
彼らは数百年計画でこれを着々と推し進めていますが、わが日本の預言者たちは、数千年計画で「彼らのもくろみを阻止する」方法を編み出しています。

スポンサーサイト

2 邪馬台国論争100年の不毛

99 決着がつかない邪馬台国論争 2

権威主義の弊害 1

この100年間というもの、日本の政府は、国民を「権威」というものに絶対服従するよう、あらゆる面において誘導してきました。
教育においては、東京帝国大学、京都帝国大学、すなわち、今の東大と京大を、ドミノ倒しの札で築いたようなピラミッドの頂点に据えています。
そこの権威者とされた人は、前回このブログで取り上げた「東大話法」のような詐欺的論法で、大多数の、理解力不十分な人々を手なづける術に長けていますので、その権威者のばかばかしさを知るごくごく少数派の人が存在しても、数の上で権威者に太刀打ちできません。
日本人が、この権威主義の法則とシステムによって、いかに洗脳されてきたかを示すこの上ない材料が「邪馬台国論争」なのです。

1910年(明治四十三年)『倭女王卑弥呼考』を著した東京帝国大学の白鳥庫吉(1865~1942)は,明治時代における我が国史学界の第一人者であり、この書で、白鳥庫吉は邪馬台国九州説を唱えました。卑弥呼については,神話上の天照大御神に近い存在であると述べていました。
1910年に,京都帝国大学の内藤虎次郎1866~1934)も,雑誌文芸に『卑弥呼考』を発表し,邪馬台国大和(奈良県)説を唱え、卑弥呼を「倭姫命」(やまとひめのみこと)に比定しました。

1910年(明治43)年7月、「読売新聞」に木村鷹太郎の「東西両大学及び修史局の考証を駁す 倭女王卑弥呼地理に就いて」が
掲載されました。これが、「邪馬台国エジプト説」という第三の説で、上記の白鳥庫吉は邪馬台国九州説や内藤虎次郎の邪馬台国大和(奈良県)説を完全に論破出来る内容でした。

東大の白鳥倉吉の説は、倭人伝本文の地理上の方角、里数、日数、月数、地名等、一箇所にあらず、二箇所にあらず、殆どの部分を書き代えて、強いて日本の地理に合わせたもので、「魏の使者が虚偽の報告を作るに苦心せし文献である」との言をなし、原資料に責任を転嫁して、「不彌国の何れなるを知らず」と云いつつも、しかもそこから出帆することとし、肥後方面有明海を渡ることとし、女王の本国邪馬台を熊本県の西南隅付近なりと断定するという身勝手さです。
水行20日にして投馬国に至り、加ふるに再び水行10日および陸行1月の里程があることをまったく考慮にいれてはいません。
「陸行一月を一日の誤り」とするなど、原資料のほうが間違っているといいつつ自説を正当化している説です。

京大の内藤虎次郎の説は、「魏志倭人伝」本文は不彌国より女王の本国に至るには南へ南へと記述しているのを、これを東へ東へとみなし、「倭人伝の材料提供者が航海中あるいは旅行中の方角錯誤によって、東が南となりしなり」と云って、これも、原資料の不備と断定しているのですが、東大の白鳥倉吉に対しては、「軽々シク古書ヲ改メンコトハ従ヒ難キ所ナリ。」と批判したのです!!!
この東大と京大の二大権威者たちは、「自分の学説と異なるところはすべて、原資料のほうの間違いである」と断定しているのです。
あげくのはてに、「原資料が不正確であるので、検証の必要なし」という論法で押し通してしまって、原資料に則している木村鷹太郎の説の検証をする道を絶ったのです。
これが、いわゆる「東大話法」の100年前のルーツの実態です。
こうして、1910年に提示された、「邪馬台国」比定における三大論争の一つを「原資料が不正確であるので、検証の必要なし」として、土俵から外すことに成功したのです。
ジャーナリストたちも、この二人の論争のみをおおいに囃し立てました。
この時の二人の論争が,九州説と大和説という,今日でも延々と100年間続いている学問上の論争の発端となったのです。
東大の学者達は白鳥説を支持し邪馬台国=九州説を叫び,京大は内藤説の大和説(畿内説)を擁護して、邪馬台国問題は東大と京大の戦いの様相を呈したのです。
このバトルはその後長きに渡って影響を及ぼし,東大の学者には九州説論者が多く京大には畿内説論者が多いという,今日でも見られる一つの傾向を生み出す事となりました。
邪馬台国問題も学閥問題から外れる事ができないでいるようです。

ところが、第三の木村鷹太郎の説では、「魏史倭人伝」の文章は、どこも訂正する必要もなければ、不自然な読み方をする必要もないのです。「魏史倭人伝」の語る地理が、何の矛盾もなく、そのまま現実の地理にぴたりとあてはまります。ある意味では、邪馬台国の所在地に関する最も完璧な説といえるのです。(望夢楼こと長谷川亮一氏の検証)

「魏志倭人伝」の約2000文字には、方向記述18ヵ所、距離記述16ヵ所におよんでいるのです。こうした構成からみて、方向と距離をそうとう重視していることはまちがいありません。
出発地点から到着地点までの10の地点に対して、方向と距離の条件34項目がことごとく一致しているということは、数学的、確率的にみて、「正解」とみて検証する以外にはありえないことです。

「邪馬台国九州説」と「邪馬台国畿内説」が、「倭人伝本文の地理上の方角、里数、日数、月数、地名等、殆どの部分を書き代えて、強いて日本の地理に合わせようとしたもの」であるのにたいして、木村鷹太郎の邪馬台国エジプト説では、「どこも訂正する必要もなければ、不自然な読み方をする必要もない。魏史倭人伝の語る地理が、矛盾なく、そのまま現実の地理にぴたりとあてはまる。」のに、これを、偶然の一致、あるいは、でたらめとして無視するのは、「権威者の横暴と無責任」以外のなにものでのありません。
東大と京大をはじめとする歴史学の権威者たちは、100年間もの間、国民を欺きとおしてきたわけです。
こんな単純なことで騙され続けてきたわたしたちは、一億総白痴と言われても仕方がありません。
日本のこの百年間の教育とは「騙されやすい人にする」ことに主眼をおいて敷設されているのです。
政府の面々の判断力のなさ、指導力のなさなどを批判できないようにするためです。
一億の民が、「東大話法」「京大話法」「学閥」「権威主義」といった政策のまやかしツールによって洗脳されている証拠、
これが「邪馬台国」論争です。
古代の人々は、末世の時代の世の中を写す鏡として、「魏志倭人伝」を残したのです

ご覧のように、御用学者たち、学界の権威者たちは、日本人の愚民化に成功しております。
権威者たちは、この愚民化政策が永続できるように、教育システムを、より退屈に、より不毛に、より非能率的にと、腕によりをかけて推進してきました。
お陰様で、一億総白痴化がすっかり出来上がりました。
50余年前に、既に、評論家の大宅壮一氏が、新制大学を評して「駅弁大学」と言っておられましたが、まさにご指摘の駅弁大学に在学中だった身としては、「駅弁」とは、随分控えめなコメントで、実際は、その詰め合わせの中身はどれも超薄っぺらで、食欲もおこらず、栄養にもなりかねるものばかりであることを実感していました。
法学部や経済学部を出た友人たちは、それぞれ、「阿呆学部」「不経済学部」と言っておいででした。

大宅壮一氏は、また、テレビを「一億総白痴化の利器」とも言っておられましたが、今日の日本のテレビ界の状況を見て、それに異を唱えることのできる人はいないはずです。まさに、正鵠を射た発言であったと言えます。
毎日々々、あれがうまいこれがおいしいといったたぐいでお茶を濁した低能番組が幅を利かし、企業も低俗番組に惜しみなく金と時間を提供するという愚を犯しています。

では、日本文学についてはどうでしょう。
「文芸春秋」主宰の芥川賞は、日本文学界の高峰と権威づけられておりますが、わたくしは、高校生のころから、それを懐疑的に見ていましたから、2,3作品を除いて、ほとんど読んでおりません。
しかし、先日、2013年度の芥川賞受賞作品「abさんご」を読んでみました。
作者の黒田夏子さんが75才という高齢でデビュー、わたくしと同世代の方なので、読んでみたのです。
が、その作品の、もって回ったもの言いには、正直、うんざりしました。精神の輝きと言ったもののかけらも見当たらない作品です。
老人人口が多いので、タイムリーな異色老人の話題で、売り上げをのばそうという「文芸春秋」側のそろばん勘定が見え見えの選考です。
今日の日本文学の不毛の象徴ともいえる作品です。芥川賞も完全に終わっているという観を強くしました。
しかし、この「abさんご」には「蓮實重彦・東大元総長という権威者」の「絶賛」というお墨付きがあるとか。
「東大話法」の権威者の威力とはすごいですね。一億の国民を総白痴化するパワーを有しているのですよ。

プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。