与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は神国 17

118 聖書と日本
エホバの証人 VS 私 3

エホバの証人研究」カレブ氏のホームページから
日本のエホバの証人の活動の実態
統計 日本の会衆の数の推移  2014年3月28日 の記事を見ますと、
日本のエホバの証人の数は、1998年から1999年あたりがピークで、
2000年からはその数が減少に転じたり、あるいは横ばいの状況であることがわかります。
2013年の「伝道者の数に関しては、
1年間で 726人の減少となっていました。」


2015年現在
215000人余の信者さんが、日々伝道活動をしておられるわけですが、
その意気込みもむなしく、減少傾向はとどまらないようです。

統計 信者が増えない国ランキング、2015年1月11日の記事から
(ソース:エホバの証人の年鑑 2015年)
日本では、バプテスマ1件当たりの伝道時間が、33,893時間 
本家のアメリカ合衆国においてさえ、バプテスマ1件当たりの伝道時間が、7,602時間です。

統計-バプテスマに導くために費やす伝道時間(2015年版)より、
少年カレブさんは次のようにコメントしています。
 ・・・現在日本ではエホバの証人になる一人の人を見いだすのに、
 3万時間を伝道活動に費やしていることを意味しています。
 これは40年前の1972年には、1854時間を費やせば、
 一人がバプテスマを受けていた時代からすると、
 15倍以上の開きがあることを意味します。
 仮に時給800円換算で考えるならば、 
 一人のバプテスマのために 2,711万円 の仕事量と同じ時間が
 費やされていることを意味します。
 もちろん、ほとんどの活動が無償の奉仕者による活動ですので、
 文字通りの費用が消費されているわけではありません。

以上、エホバの証人研究」少年カレブさんのホームページから、引用しています。

今、日本の20万人を超えるエホバの証人たちが、あらたなエホバの証人一人を獲得するのに、33,893時間という恐るべき膨大な時間をかけているという事実は、ものみの塔の統治体が「盲人を手引きする盲人」にすぎないという実態を露わにしていることだといえます。
エホバの証人とは、このような不毛な伝道のために右往左往している哀れな集団ですが、それにもかかわらず、「エホバ神の代理人であり、しかも、キリストの唯一の教会であるものみの塔冊子協会の書籍は真理を伝えており、自分たちの、この行動がエホバ神への奉仕であり、イエスの使徒としての献身である」と公言しているのです。

それは、「ヨハネの黙示録」を種に、終末論を歪曲して、「啓示の書 その壮大な最高潮は近い」などという書籍を1000万部ほども売って危機感を煽って信者を集めたことの帰結と申せましょう。 
彼らの伝道内容とは、「エホバの証人になるか?さもないと、エホバ神に絶滅されるぞ!」というスローガンです。
そこに集まった人たちは、統治体の発令したこの言葉を鵜呑みにして、命令されたことを受け売りすることの他には、何の知恵も働かさない人たちなのです。
彼らの教義は、例えて言えば、「卵」について、「卵は、食べるか腐るか、2者択一しかない。どちらを選ぶか」と言っているのと変わりません。「卵」には、「温めて世話をすれば雛が生まれ、また卵を産むようになる。」という本来の生態の部分が置き去りになっているのです。
この「卵」の運命とは、地球の運命、人類の運命のことです。

このような偏った伝道が、「イエスの知恵を教えること」だと言えるでしょうか。
膨大な時間をかけて、伝道されても、知恵のかけらも伝わってこないから、信者が増えないのです。

イエスは「神の国」を宣明することに命を懸けられましたが、イエスがヨハネに託した「ヨハネの黙示録」によると、「神の国すなわち新しいエルサレムが顕現したならば、全地は祝福され、地には平和が実現するのであり、滅びるのはおおいなるバビロンの支配者たち」です。
イエスのお言葉と「ヨハネの黙示録」を吟味して、エホバの証人たちに、イエスの弟子としての「知恵」があるのかどうかを推考してみてください。

「マタイ福音書」22章34-40
 律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。
 「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」
 イエスは言われた。「心を尽くし、知恵を尽くし、思いを尽くして、
 あなたの神である主を愛しなさい。
 これが最も重要な第一の掟である。
 第二も、これと同じように重要である。
 隣人を自分のように愛しなさい。
 律法全体と預言者は、この二つの掟にかかっているからである。」

エホバの証人の方々が、イエスの弟子であろうと志すならば、この御ことばの重要さを悟らなければなりません。
そうすれば、エホバの証人の方々が、「知恵を尽くさず、こころを尽くさず、思いを尽くさず、隣人を愛していない。」ことを悟るでしょうから、伝道などをしたり、イエスの弟子であると公言したりすることなどは、とてもできない筈です。
エホバの証人の方々は、イエスの何たるかも、神智の何たるかも知らずして、伝道していると称して、無駄話をしている時間を「奉仕の時間」と錯覚しているのです。
「目覚めよ」とは、他の誰よりも、エホバの証人ご自身への警告です。

わたくしは、「ヨハネの黙示録」の主題が「エルサレム問題」であるにもかかわらす、このことの解決策を無視して、「エホバの証人になれば、地上で永遠に生きられる」という、途方もない嘘の伝道に人生をささげている人たちを哀れに思い、今、そのことを反省してエホバ神の御前にひれ伏して許しを請い、その汚れた衣を洗い直し、「ヨハネの黙示録」の真実を身に着け、これを伝道することによって、真のエホバの証人になる道を備えておいたつもりです。
彼らのうちの14万4千人が、一斉に、イエスの預言である「ヨハネの黙示録」の真理を宣べ伝え、
 
 中東のイスラエルやエルサレムは、エホバ神の御心にかなわないので、
 新しいエルサレムとして日本を選ばれた。
 ただし、国民一人一人が、「この国が、いつから、どうして落ちていったか、
 個々の責任問題はどうかかわっているのか」
 神のご意向に沿って悔い改めることと、
 守護神エホバ神に詫びることをしないかぎり、
 この栄光は取り消されますので、
 私たちに続いて、エホバ神にひれ伏してから、
 その栄光をたたえてください」

こにように、ふれ告げるチャンスが用意されているのです。 「ヨハネの黙示録」2章 4章 5章 14章 21章
2000年昔に、ヨハネが伝道していたあとにイエスが顕れて神の国を宣明したのと同じように。

しかし、日本のエホバの証人たちが、「イエスキリストの使徒であり、エホバに選ばれた者」との思い上がりを捨てず、そもそも、どこから落ち、なにゆえに黄泉の底で蠢いているのかを悔い改めなければ、この役目はほかの日本人たちに振り当てられるでしょう。

スポンサーサイト
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。