FC2ブログ

与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

日本のアイデンティティ 7

日本のアイデンティティと中国 6

夏王朝の「伏義 女娲」2

《发现夏朝》从文字演变和文献记载实证华夏文明起源 の著者 刘光保氏の
blog _兵策儒剑_新浪博客から 3

安徽双墩文化之苏美尔文明特征     2013-11-16
「安徽省の双墩文化におけるシュメール文明の特徴」から、論考します。
刘光保氏のBlog には、「安徽省埠市淮 双墩遺跡出土 頭像塑造」の写真が掲載されており、これを、シュメール文明の中国における「シュメール文明の特性をそなえた、きわめて早い時期の文物である」と記されてあります。

これは、中国でも「国家一級文化財に指定されている」ものです。

新華社の新華網 日本語版 2018-09-21 から転載。

7300歳の「微笑む女神」に名前募集 安徽省双墩遺跡

安徽省 出土 塑像

中国安徽省を流れる淮河わいがの岸辺に建つ蚌埠ほうふ市博物館
7300年の時を超えて市内の双墩そうとん遺跡から発掘された「陶塑紋面人頭像」(入れ墨のような模様のある陶製の顔の像)は、この館内で静かに神秘的な微笑みをたたえている。
これは中国でよく知られる最古の陶製人物像の一つで、現在インターネット上のプラットフォームを通じて世界中から名前を募集している。
双墩遺跡は同市淮上区双墩村にあり、1985年に発見された。
遺跡では今から約7千年前の、記号が彫られた古い陶器600個余りが出土し、中国初期の文字の起源を探る上で重要な材料となっている。
人頭像は1986年の発掘調査(試掘)で出土し、放射性炭素年代測定の結果、今から7300年前のものと判明、国家一級文化財に指定された。(記者/朱青、劉美子)

以上 新華網 日本語版から転載

「縄文のビーナス」だ!!!
日本人は、上の写真 安徽省双墩遺跡の「女神像」を見て、100人中100人が、「これは、縄文のビーナスだ!」と言うでしょうね。
頭の上には、「双翼と太陽」あるいは、「双翼と円盤」を示しています。
別の見方をすれば、「双角と太陽」のエジプトの「ハトホル女神」と同じです。同様なシンボルをつけた女神像は、日本の縄文時代にも見られます。下の像なんか、仏像のルーツのようにみえます。螺髪や白毫もありますし・・・

青森出土 人面付注口土器


下図は、縄文時代の「女神」土偶です。似たものはたくさん出土します。

縄文時代 土偶

左は、埼玉県滝馬室遺跡出土の土偶、右は、埼玉県赤城遺跡出土の縄文時代晩期中葉の土偶です。
両方とも、「大」「太」の字型をしています。大人おおひと系ですね。
左の土偶は、明らかに、「三山」の髪型をしています。
シュメールの「オアンネス」は「トリトン」とも言われて、三叉の矛「トライデント」を持っていますが、この三叉の矛が想起されます。

そして股の中心が紐の「結び目」になっていますから、この小像は「イシスの結び目」であり「Tyet」なのです。
縁結びの神の神の印です。
「結婚の結」であり、「縁結びの結」であり、「お産の産さん ムスです。
産は△(父 母 子)であり三で、三 サンは「山 △」と「海 うみ 産」の象徴「トライデント」や「目」「◎」「乳」「三重丸=都市の記号」や「∴」で表されます。
「カドムス」は「フェニキア」や「エウロパ」「牛」そして「蛇」を語る上で、キーパーソンですが、「角産」なのです。そして、「カドムス」は、「伏義 女媧」そのものなのですから、後に、これについて書きます。
ベンベン石がカドムスのフェニキアの要石 頭石であり、弁天様がビーナスであることを述べました。

「イシスが、シュメールのイナンナであり、ビーナスである」という説は、ウィキペディアにも書かれているほどですが、「イシスの結び目」「Tyet」が、「太の字」であるということを教えて下さった刘光保氏のおかげで、日本の「ビーナス小像」が、本家本元の「ビーナス像」であり、「イシスの結び」であることを証拠立てることができたのです。

「ファイストス円盤」の、次元高い「謎々」の構成に思いを馳せれば、縄文時代の日本人を、「未開人」扱いをすることはできません。もし、そんなことも理解できないようなら、わたしたちは、いつのまにか、「未開人に成り果ててしまった」ことになります。
そんな、未開人になりかけた子孫をいましめ、一からやり直させるために、あえて「未開人的」な遺物を作らせていたのでしょう。
何時の時代も、民を「未開人」にして置きたい人々はいます。民を治める人々の利権が、愚民化した大衆を操るほうが楽に手にいるためです。
この人形操作が永く続くと、国民はゾンビのようになってしまいます。一刻もはやく、目を醒ましましょう。

スポンサーサイト
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる