FC2ブログ

与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

令和日本の行方

日本・中国・韓国のカオス

中国の古代史を書いている途中で、長らく筆を休めていました。
日本をめぐる国際情勢は、相変わらずカオスです。
EU情勢はイギリスのブレグジット問題のせいで先行き不明ですし、アメリカの財政ひっ迫も好転する様子は伺えません。ロシア情勢も相変わらず不透明です。

日本の近隣に目を向けて見ますと、中国は、習近平総書記が独裁体制を強化しようと躍起です。「一帯一路」を「旗印」にして、世界制覇を構想しているわけです。中国は、今やアメリカと競い合う「世界の二大覇権国」となりました。
これに対して、欧米がどの様に対応してゆくつもりなのか、五里霧中です。どちらが覇権をとるにしても、日本は今以上に、両国の熾烈な応酬に翻弄されることは必至です。

韓国の文在寅大統領は、日本を敵視する以外には、国をまとめる方法が無いと見えて、日本をだしにして、中国的独裁体制を作ろうと猪突猛進しています。
日本の安倍・麻生体制も殆ど独裁体制の様相を示しています。この独裁体制は、日本国民にとって良い方に向かうでしょうか。
ほとんどの国民は、この体制での前途を悲観しています。なぜなら、此の両巨頭は、庶民の生活の実情や苦労などとは無縁の世界で生きている方々だからです。では、この安倍・麻生体制よりマシな人材が得られるかというと、それも、全く期待できないので、、わたくしは、閉塞感で打ちひしがれています。


「令和」時代
令和の時代が今年2019年5月1日から始まりました。
「令和時代とは」を予測してみますと、これは、日本にとって、「零」か「和」かの両極端に曝される時代だと言えます。
つまり、日本民族は、第二次世界大戦前夜のような、「四面楚歌」「背水の陣」に再び立つであろうということです。
現代の日本人の知恵を総結集しても、この窮地を逃れる術は「零と断言できます。
なぜ、このようなことを断言できるかと言うと、「預言者たちがそのように預言している」からです。
「預言者は、そのようなことを見通しているから預言している」のであって、国民が自分たちで解決できるのであれば、預言と言う助言は必要ではないのです。
アメリカやイスラエルが、預言を利用して国を運営していることは明らかです。
トランプ米大統領が5月21日から26日まで、任後初の外遊でサウジアラビア、イスラエル、バチカンなど中東・欧州を歴訪したことなどもその一環です。
私の過去ブログ http://21seikinokadai.blog15.fc2.com//blog-entry-138.html 参照


日本が自力で、「零になるという窮地を逃れうるか」を知るためには、いくつかの前提を把握していなければなりません。
1、欧米イスラエルの「預言利用」の実態と日本の関係を知ること。
2、欧米イスラエルの「預言利用」と現今の日本の指導者との関係を知ること。
3、「預言の本質」をしること。
この、三者を知ることから始めなければなりません。


まず、現今の日本の指導者、つまり、「安倍・麻生体制」とは、すでに、75年も昔に「計画されていた」「吉田学校」の目指していた体制のことであることを知る必要があります。
次に、「安倍・麻生」両氏の宗教を知る必要があります。

そこで、まず、「安倍・麻生体制」とはから、書きはじめてみます。
「吉田学校」は日本を制覇

ウィキペディア(Wikipedia)より引用してみます。
吉田学校(よしだがっこう)は、吉田茂(麻生元首相の祖父)が自らの政治基盤を支え、後身を育てるために集められた国会議員のグループを指す。
吉田と同じ官僚出身が多数を占め、吉田学校出身者の多くは吉田の引退後も戦後日本を牽引した。のちに首相となった池田勇人や佐藤栄作らが代表例である。
ウィキペディア(Wikipedia)には、吉田学校のメンバーがずらっと載っていますので参照してください。


わたくしは、偶然にも赤坂プリンスホテルの旧館二階に出来た「十日会」という岸信介氏の派閥事務所に勤めていました。
安倍晋三氏の祖父にあたる方の事務所です。
山口県出身者や縁故で採用すると、よけいな摩擦が起こるので、「他の代議士が新聞広告で秘書募集した中から、第二第三候補を見繕って寄こしてもらう」、といったおおざっぱな採用事情によって私が採用されたのでした。
岸信介氏の個人事務所は、日石ビルにありましたが、そこへは、一度も行ったことがありません。

岸派の派閥事務所「十日会」は、その後、福田赳夫氏に赤坂プリンスホテル旧館2階の事務所ごと委譲されて、「党風刷新連盟」と名を替えましたが、そのとき、岸信介氏のこの措置を不服とした川島正二郎氏が、ただちに、派閥の半数以上?を率き連れて、御堀端のパレスホテルに分封されましたので、一時は、「東風刷新連盟」は、閑古鳥というありさまの時もありました。

しかし、さまざまな選挙(総裁公選 衆参議員選挙 都知事選挙 県会議員選挙・・・・)のたびに、福田赳夫氏の「東風刷新連盟」の方が、じりじりと勢力が増してきました。それは、「財力」の差であろうと思いました。福田赳夫氏の財力ではありません。岸信介氏の財力です。
何から何まで桁外れのように思いました。

赤坂プリンスホテルの別館が、佐藤栄作氏の総裁公選のための記者対応会場になったりしましたので、自派の代議士さんばかりではなく、他派の代議士さんも、「お金」をもらいに派閥事務所に来訪されました。渡すのは「小切手」などではなく、全て、現ナマでした。
代議士さんの中には、「ワシは、この派閥に属すつもりはないが、くれるというものは貰って行く。」とか、「なんだ、田中角栄のほうが気前がいいじゃないか」とか話す先生もおられました。
今だったら、隠しカメラや録音機が大活動したでしょうね。

第二は、人事です。大臣、政務次官、国会議員、県会議員、等々のポスト・・・から、叙勲にいたるまで・・・多くの嘆願を見てきました。
こうして、人事のネットで、仕分けられて、次第々々にいつの間にか、政敵が淘汰されていったのでしょう。
第三は、予算です。今でも、わたくしたちは、国家予算の殆どを把握できていません。海外に垂れ流す金、各種の事業計画に流れる金が特殊な機構で流れている面が多いように思います。
一級河川、ダム、港湾、高速道路、空港、防衛、そのほか、もろもろの事業には、関係省庁や関係業界などの便宜・利益を図って働き掛ける「族議員」といわれる国会議員がいて、このシステムが、日本のあらゆる「美」と「徳」を損なう元凶となっています。

第四は、許認可権。
第五は融資。これにも、族議員がついていることが多かったように思います。
第六は情報を握って、すなわち、インサイダー。
正規の検察や検事ルートの情報は勿論のことでしょう、が、ほかにも、
赤坂プリンスホテルの事務所には「藤田小女姫(こととめ)のようなのも来て、代議士たちを占っていました。その1回分の料金は、わたくしどもの年収の半分ほどだといううわさでしたが、代議士ともあろう方々がどうして、こんな怪しげな女に身の上の相談するのか不思議でなりませんでした。

第六は、マスコミ操作。藤田小女姫が産経新聞社の一室を事務所にしていたといいます。
後に、「中ピ連」の榎 美沙子も産経新聞に第一情報を流していましたしね。この中ピ連の榎 美沙子も、どこかの為の「情報収集人」だったと理解しています。
このほかにも、特権利権の収奪に繋がる道があります。俗に「ゴールドフィンガー」といわれている重要なツールです。


総じて、日本国の総理大臣は、「吉田(茂)学校」の生徒たち、岸信介 佐藤栄作 池田勇人 福田赳夫etc がリレー式になることになっているように思えました。「党人派」とかのその他の派閥からの総理大臣は、「つなぎ」です。
半世紀ほど昔に、電話番兼お茶くみの「小娘」であったわたくしの予想は当たっていました。
戦後七十五年たった今、吉田茂氏の孫と岸信介氏の孫が政権の中枢にあるのを見れば、誰も反論できないでしょう。そして、「吉田学校」の面々は、今では、お互いに親戚どうしとなり皇室に繋がっています。
こうして、独裁体制は日一日と強固になってきています。


戦後、GHQが、「日本国民がのように口をきけないで群れているだけの人々になるように」
施策してきたことと、GHQ肝いりの「吉田学校」路線にそぐわない人、彼らの政敵になりそうな人を、うまく排除しつづけて、強力な人脈や利権ネットを張り続けてきた独裁者たちは、日本国民の側に立って国政を執るような人材ではないのです。GHQの指令下だったというくびきがついているのですから。しかし、このトップの方々を排除して、首をすげ換えたところで、「体制のネット」がある以上、改善の見通しは立たないのです。

AI時代と独裁体制
コンピューター時代となって、AIがすさまじい機能を発揮するようになった今日は、独裁者がすべての情報を独占できる時代が到来したと言えます。 
しかし、何処の国の独裁者たちも、配下の者どもも、自国の国民の福利のことなど眼中にないかのように、歪な行政しか為し得ていません。というのも、どの国の独裁者も、「彼ら」とでも呼ぶべき者の配下だからです。GHQもその配下でした。
そして「彼ら」は、「全世界の人民の幸福」などは眼中にありません。

日本人が、気付かなければならないのは、日本人を最も不幸な目に合わせたいと目論んでいるということです。
それは、真の「預言者」は日本人(トロイア人=アトランティス人)であり、キリストも日本人だからです。ということは、神の国も日本でした。今のエルサレムも、もともとは「エブス人の土地にダビデが築いた」と聖書に書かれてありますが、エブス人とは「夷エビス」即ち日本なのです。「古事記」において、国産みの際、「蛭子を流した」とありますが、「蛭子」はエビスと読ませています。
ダビデは、神輿を担いで御神宝を運んだことが聖書に書かれていますが、それらは行方不明と言われています。しかし、それが日本にあることは、その道の方々の間では有名なことで、GHQに占領されていた間に、GHQによって探し続けられましたが見つかっていません。それは、フランシスコ・ザビエルらの来日の真の目的を悟った「持ち主」によって、陸奥みちのくに隠されたからです。


「聖書」は、「旧約聖書も新約聖書も」すべて、日本人民から「簒奪されていた」り、「毒麦が混ぜ込まれていた」ということです。「神の国」と言うタイトルも1948年に、簒奪されて、「いすらえる」というところに張り付けられています。
そして、この一世紀以上、あの手この手で、日本を貶めたり毟ったりしましたが、へたばらないどころか、今日では、日本をたたくと、かえって、叩いたところが窮地に陥るという現象さえ見えてくるようになりました。
見る影もなくみすぼらしくなって、犯罪者も急増した日本ですが、それでも、なぜか、この日本を愛してくれる人々が増えているのです。
だからといって、このまま、この惨憺たる日本の現状を改善することのないままで、「零」への崖っぷちにいることは危険です。
「彼ら」は、全世界を支配するためには、「日本」を消す必要があると思っているからです。

スポンサーサイト



プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる