与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は神国 13

113 神国のあかしと聖書 7

日本が「真の神国」すなわち「聖なる新しいエルサレム」となるべく用意されていた国であることを証明するのは聖書です。
わけても、「ヨハネの黙示録」は、日本が今から「新しいエルサレム」となる国であることを、徹底的に証明できるように注意深く構成されています。
しかも、それは、季節が来て熟さなければ味わえない果実のように、機が熟さないと解けないようになっており、しかも、エデンの園の指定された者のみがもぎ取ることをゆるされている果実として備えられていたのです。


日本のアイデンティティーを確立する「ヨハネの黙示録
ヨハネの黙示録」は、「日本が自国を神国と言い伝えてきたその真相を解き明かす」ものであり、しかも、日本が「新しいエルサレム」として、「今後の世界平和のために果たすべき使命」を示唆しているのです。
そのうえ、「わが国のわが民族の辿ってきた歴史」までが明らかになるよう構成されています。

天空からの視野
聖書の預言者たちは、まず、創世記を七惑星から書き起こし、アダムとイヴからなる地球の運命からストーリーを展開しています。
聖書を締め括るにあたっても、アトラスのアナグラムのアストロ(宇宙)的視野で、アトラスの地図帳を以って聖書を解かせようと誘導しています。
地図帳を片手に、国形を照合し、図解、絵解きの手法を以って解くべき謎々として構成されているのです。わたくしが、「地図帳」や「ストラボンのギリシャローマ地誌」と「物差し」を片手に聖書の謎を解こうとしたので、この解を得ることができたのです。

ヨハネの黙示録」に現れる日本
1  4章 四つの生きものからなるケルビムの守る神の国
2 10章 陸と海に立脚した御使い
3 12章 子を産む女 子を連れて逃げる女
4 19章 キリストの花嫁国
  21章 キリストの花嫁国
5 21章 終末に現れる「1万2千スタディオン、かつ、
       4角形のエルサレム」
6 21章 新エルサレムの「縦横高さが同じ、四角形」の謎
7  5章 神の民 万の万倍 千の千倍、即ち、
       一億百万余人という人口の予言の符合 
8 12章 42ヶ月間の第2の災い 
       第2次世界大戦で踏躙される日本国の予言。

ヨハネの黙示録」の次の5章の5項目が、天空から見た日本の「国形」の特徴を織り込んだものであることを見てください。
1の「ケルビム」についてはすでに説明しました。
2の「陸海に立脚する御使い」は、日本が片足という特徴を生かしたものです。 
3の「子を産む女」も、「イヴ=伊邪那美命」地図を参照してください。
4の「花嫁姿」は角隠しをしている次の図です。
花嫁

5の「1万2000スタディオン」は、即ち、2220kmの日本の数値です。
1万2千スタディオンの長さの日本
『千葉市を中心とした一千キロメートルのはんい』
        「すすむ千葉県」千葉県教育会館発行

6の「縦横高さが同じで四角形」は、イエスやヨハネと同時代の地誌学者、ギリシャのストラボン(BC64~AD31年頃)の「ギリシャ・ローマ地誌」龍渓書舎刊 飯尾都人訳の記事中の、ギリシャのペロポネソス半島を表現した記事と表現や単位が同じです.
ヨハネの黙示録」を解くにあたって、「ギリシャ・ローマ地誌」の記事を参照するようにというメルクマールとなっているばかりではなく、太古の日本人=倭人の故地を示唆するためでもあるのです。


「ヨハネの黙示録」 21章  抜粋
 聖なる都 新しいエルサレムが、
 あたかも夫のために美しく着飾った花嫁のように、
 すっかり用意を整えられて、神のもとから 天から降りてくるのを見た。

 御使いは、その都と都の門と城壁を測るために、金のものさしを持っていた
 都は四角で、その長さはその幅と同じであった。
 御使いがものさしで都を測ると、1万2000スタディオンであった。

ストラボン著「ギリシャ・ローマ地史」
 ペロポネソスは形がプラタナスの葉に似て、
 長さと幅はほぼ等しく
 共に1400スタディオン(約252キロメートル)に及ぶ。

両者を並べてみると、全く同じ表現であることがわかります。
「ヨハネの黙示録」21章の「四角で長さと幅と高さが同じ」は、「国」を問いかけている謎々で、わが国の形が台形(即ち四角形)であることを予言したものです。
また、「新しいエルサレム」の国民が大地と海に立脚していることを強調していて、死後の天国や極楽に立脚している宗教家達との見解の違いを明らかにするために書かれています。

さらに、これは、1948年に国連が承認して誕生させた、中東のイスラエルや、その地のエルサレムは、恵穂葉神の承認されるものではないということを、世界に知らしめるために預言されているのです。
世界のいかなる人も、エルサレムに関する真実を語ることができないような情勢が人類の未来に訪れることを、数千年昔の私たちの先祖が、すべてを見通して書き残しておいたのです。
人類は、この曲がった、暗黒の世から抜け出す手立てがなくなることを、わが国の太古の預言者たちは予測していたのです。

「ヨハネの黙示録」と現代の日本の状況や出来事の起承転結を、きっちり照合して調べてみれば、日本という「アジアの東端の恵穂葉神の国」の痕跡をすっかり失くして、「アジアの西端にそれらしく見える国を創ろう」という恐るべき計画に基づいて、「日本がこの百年間以上、謀略に絡め捕られているということがわかります。
「ヨハネの黙示録」12章ほかで「日本国が戦災にあい、蹂躙されること」が詳しく予言されていますが、この惨劇がなぜ、わが国の孤立という事態でおこったのか、それが、ミレニアム問題、シオニズム問題、十字軍聖地強奪問題であることを証しているのです。

預言者たちは、こうしたことを予見していたからこそ、無知蒙昧にして口のきけない私たちに代わって、あらかじめ、用意して、聖書を世界に普及させておいたのです。

日本の領土

以上、どれも具体的であり、見事に日本に的中しています。
これは「神の契約」の威力を日本と世界の人々に知らしめるものです。

「ヨハネの黙示録」5章には、預言が成就されたときの人口が予言されています。
なお、神の国の神の民 「万の万倍 千の千倍、即ち、一億百万余人」という人口は、謡曲の「鶴亀」にインプットされています。先祖たちが、最近まで、結婚式の行事にこの「鶴亀」を取り入れていたことの意味が、今ようやく明るみに出たのです。
日本の人口と「ヨハネの黙示録」や「謡曲 鶴亀で謳われている人数」との間に約2千万人の差がありますが、それは、日本に住みながら、日本国籍を取得しながらも、日本国と日本国民を蹂躙し、簒奪し、けなしている人々が、総人口から除外されているからです。その者たちのことは、「ヨハネの黙示録」22章に比喩を以って詳しく書かれています。

ちなみに、1950年頃は、日本人の総人口は8000万人ほどでした。

(以上  13 日本のアイデンティティー  ヨハネの黙示録と日本 からの再掲です。)


以上さまざまな角度から見てきましたように、日本は、近未来に、キリストの預言(「ヨハネの黙示録」)通りに「神聖な神の国」になる国なのです。
ここまでくると、いかなる国といえど、いかなる権力を以ってしても、これを阻止することはできません。
聖書を乱用してきた人々が、その事実を世界から隠しきるために、戦乱や恐慌を画策していますが、そうしたことは、すべて、画策した者たちの頭上に還元されることになるのです。
日本が真正な神の国になるという未来が揺るぐことはもうありません。

神と聖書、或いは、「古事記」「日本書紀」などを、己のために悪用する人々は恥を見るだけです。
ローマ法王、イギリス国教の長であられるエリザベス女王、各国の各派のキリスト教会や統一教会のお偉がた、ユダヤ教のラビの方々から伊勢神宮の祭司長にいたるまで恥を見ることになります。

韓国の旅客船「セウォル号」の運航会社の実質的なオーナー兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏が責任追及を逃れるために逃亡のあげく、死亡したとか、殺されたとか、替え玉だとか、取沙汰されていますが、その悪辣な人生の始まりは、聖書の悪用、キリストの悪用でした。
「統一教会」キリスト教は、アメリカが終末の「神の国」となって「世界統一」するように奉仕する使命を持っているという「偽預言」を以って、ユダヤ人やアメリカ政府や日本の政府要人たちからも保護されて、詐欺行為を働いています。

「ヨハネの黙示録」2章と3章は、「使徒であると自称している」キリスト教代表者たちや「ユダヤ人と称している」人々の実態を教えていて、わたしたち日本人の苦難が彼らに由来していることを教えています。

2:2 「わたしは、あなたの行いと労苦と忍耐を知っており、また、あなたが悪者どもに我慢できず、自ら使徒と称して実はそうでない者どもを調べ、彼らのうそを見抜いたことも知っている。
2:4 しかし、あなたに言うべきことがある。あなたは初めのころの愛から離れてしまった。
2:5 だから、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて初めのころの行いに立ち戻れ。もし悔い改めなければ、わたしはあなたのところへ行って、あなたの燭台をその場所から取りのけてしまおう。
2:6 だが、あなたには取り柄もある。ニコライ派の者たちの行いを憎んでいることだ。わたしもそれを憎んでいる。
2:7 耳ある者は、“霊”が諸教会に告げることを聞くがよい。勝利を得る者には、神の楽園にある命の木の実を食べさせよう。」』

2:9 「わたしは、あなたの苦難や貧しさを知っている。だが、本当はあなたは豊かなのだ。
自分はユダヤ人であると言う者どもが、あなたを非難していることを、わたしは知っている。
実は、彼らはユダヤ人ではなく、サタンの集いに属している者どもである。

3:9 見よ、サタンの集いに属して、自分はユダヤ人であると言う者たちには、こうしよう。
実は、彼らはユダヤ人ではなく、偽っているのだ。見よ、
彼らがあなたの足もとに来てひれ伏すようにし、わたしがあなたを愛していることを彼らに知らせよう。
3:10 あなたは忍耐についてのわたしの言葉を守った。
それゆえ、地上に住む人々を試すため全世界に来ようとしている試練の時に、わたしもあなたを守ろう。
3:11 わたしは、すぐに来る。あなたの栄冠をだれにも奪われないように、持っているものを固く守りなさい。
3:12 勝利を得る者を、わたしの神の神殿の柱にしよう。彼はもう決して外へ出ることはない。
わたしはその者の上に、わたしの神の名と、わたしの神の都、すなわち、
神のもとから出て天から下って来る新しいエルサレムの名、そして、わたしの新しい名を書き記そう。

このように、日本が古代の聖書の民であり、近未来の「新しいエルサレム」の民であることが明々白々に示されているのが「ヨハネの黙示録」です。
「3:10 あなたは忍耐についてのわたしの言葉を守った。」というのは、使徒と自称する欧米の支配者たちや、ユダヤ人と自称する人々から策略の限りを尽くして、搾取されたり、貶められたりしているにもかかわらず忍耐に忍耐を重ねているからです。
もう少しの辛抱ですから、挑戦に乗ってはいけません。


聖書の預言を曲げ足り、盗んだりして伝道する者たちを、日本国の政府はわざわざ、宗教法人として認可しているのです。
わがくにの「オーム真理教」の浅原彰晃も、聖書の預言を悪用した詐欺と殺人行為で金を集めました。
なぜ、このような悪質な宗教を政府が取り締まれないのでしょう。
それは、現今の宗教の殆どが、「詐欺」を行っているからです。
そして、人と言葉が分離し分裂しているからです。

聖書の「ヨハネ福音書」は
 はじめに言葉あり。
 言葉は神とともにあり、
 言葉は神である。

この言葉ほど、含蓄のあることばはありません。
神と隔絶した言葉が蔓延し、さらに人と言葉が分裂した社会に未来はありません。

福島の原子力発電所の大惨事を考えてみてください。
政府は「原子力はクリーンなエネルギーです。」「原子力は最も経済的なエネルギーです。」と宣伝し続けていました。
そうした言葉は、神とも自然とも人とも結びつかぬ言葉であり、「利権金権」とだけ結びつく言葉でした。
今も、さまざまな「利権」と結んだ言葉だけが闊歩していますので、原子力発電所が国民に益することはないでしょうし、国家や国民の問題解決には到達できません。
「理研」のSTAP論文問題は、はからずもリケンというひびきが象徴するような日本の闇を国民の前に提供しました。
このSTAP問題に関して吐かれたすべての言葉は、神とも人とも隔絶しており、「リケン」と「ケンリ」に結びついた言葉ばかり繰り広げられ、じつに空しい限りでした。 
ですから、問題は、なに一つ解決せず、改善の兆しも見えません。
「大山鳴動して鼠一匹」といった趣で、「人の噂も75日」の過ぎるのを、涼しい顔をしてまっているといった体です。
早稲田大学の無責任さも露呈しました。こちらは「赤信号、皆で渡ればこわくない。」とばかり、その巨大な学生数にもの言わせて横車を押しきりました。早稲田大学も、「わが校は学問の府ではなくリケンの巣である。」という立場を堅持したもようです。

こうしたありさまのわが日本ですから、このままいけば、わが日本に未来がある筈もありません。
わが国わが国民に未来がないからこそ、わが先祖たちが預言をして、未来を創生するように備えてくださったのです。
わが先祖たちの預言者たちは人と言葉を分離しなかったばかりではなく、神と言葉を一体化させていました。だからこそ、その予言が時空を超えて実現するのです。
その威力を、私は預言の研究をしてつくづく悟りました。

これに対して、金権や利権と結びついた預言や政策が太刀打ちできるわけがありません。
言葉にもいろいろあるのです。テレビの前でいかにももっともらしく演じて大衆をごまかすことができても、神をごまかすことはできないというその時がくるのです。
スポンサーサイト
コメント
地理や地名は大地に刻まれた歴史書のようで興味深いです。
神社参拝にドライブしていると、取り巻く地名を見て勝手に過程を妄想してしまいます。

合併や「住所の整備」などはそれらもかき消さん意図を感じます。

今はまだ断片を拾えます。

それらをこうして記録して下さることは後世に繋がるものと思います。

ありがとうございます!!
2014/07/27(日) 10:30 | URL | あいしてる♪ #-[ 編集]
Re: 地理や地名は大地に刻まれた歴史書
記事を読んでくださって、励ましてくださって、ありがとうございます。

地名や神社名って、不思議で妄想を誘うものが多いですね。
わたくしも、甘南備山という言葉を探索するために奈良や岐阜をドライブしました。
来栖、栗栖という地名も探索しました。
与那国島から、聖書のイエスの「ヨナのしるしの他にはなにも出ません。」を連想し、与那(国島)が重要と妄想して、与那国島におもむき、そこで「立神岩」に導かれて、竜宮城すなわち、エジプトのルクソールへ導かれました。妄想万歳です。

「住所の整備」などで「かき消さんと意図」しても、危機一髪、滑り込みセーフで、「今はまだ断片を拾えます」ので、これを守らなければなりません。

その前に、「英語」が公文書用語になるのや、小学校で学ぶ教科になるのを防がなければなりません。

私の娘の一人は海外に留学し、英語で建築士の資格を取ったほどですが、日本語の素養が低いので話が通じず、後悔しております。
世界の謎は、日本語で解けるようになっているからです。
2014/07/27(日) 20:22 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
あ様
コメント ありがとうございます。
恵穂葉神は「神の国日本も、キリスト教国と名乗る国々も、ユダヤ教の疑似神国イスラエルも、神を置き去りにして、金権と利権のために悪用している」という現実を改めさせるために、聖書や「古事記」「日本書記」その他を準備してきたのですから、日本人が八百万の神々を崇めてきたことに優位性をみるのはすこしちがいます。

どの神社も「恵穂葉」守護神から離脱できないように、「灯明あるいは鏡、稲穂、榊」を以って神事を行うように、太古の先祖たちが布石していたのです。やがて、真の守護神のもとに帰るようにと。
素朴、温和、柔和という特性は、大和民族である日本人の特徴であり、そこを見込んで「神の民」としてくださったのでしょう。
しかし、今は、闇に属する支配者たちの「囚われ人」となって、希望の見えない日々を過ごしておりますので、人格的な美点をだいぶ損なっているばかりか子孫さえ残せぬような事態に陥っております。

日本が真の神の国になるには、われわれがどこから落ちてしまったのか、これを反省しないことには、神の国の成就はないと予言されています。
そして、「神の座」を簒奪したり、守護神の意図を偽って神事をおこなっている宗教家たちが、その傲慢の冠を投げ捨てて、守護神の前にひれ伏さなければ、神聖神の国は成就しないことがヨハネの黙示録に書いてありますので、かならず、こうしたことが起こります。
もはや、日本の守護神「恵穂葉」の御名を表に出して、世界に明かさなければならない時がきているのですから、知っていてその時を測っているなどと言う都合のよい言い訳はできません。

ダニエル書に預言されているように、
巨大な世界の闇勢力に立ち向かう勇気のある人はこの世に一人しかいない。それほど邪悪な世界、それが、現代なのです。
原子力発電所、理研、早稲田大学、東京女子医大の例を見ましても、みずからの組織の金権利権の癌を治せる人は一人もいないではありませんか。
一事が万事そうなのです。
でも、やがて、是は是、非は非と言える時代が来ます。日本から、希望の光が満ちてくるようになるのです。
2014/07/28(月) 17:45 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
No title
久保さん、こんばんは!昨日御本無事に届きました。お暑い中ありがとうございました。早速読み始めています。読み始めたばかりでなんですが、この本がそのまま学校の教科書になったら授業がすごく楽しくなるような気がしますね。。色々な教科がリンクしあって、授業形態も変わるのではと夢想しました。
私は画家活動をしていますが、世の中の役に立つ絵は描けないものかとずっと考えてきました。その途中で(ハザール)ユダヤ金融資本支配の構造を知り、一時は直接的な批判画、風刺画などを描いてはネットで発表してましたが、その怒りのエネルギーのためか体調を崩してしまい、休養する中で方針を変更しました。
その帰結が「日の丸とファイストス円盤」でした。裏権力への直接批判ではなく、彼らが秘匿しておきたいことを見つけ出し、日の下に晒すことで、平和(=裏社会崩壊)世界の実現のための「方便」として機能する作品にならないだろうかと考えました。
もちろんそんなに簡単では無いでしょうが、私にとっては希望的作品だと思っています。自分も世界の一部であるならば、まず自分が人生に希望を見いだせた事は救いであり、世界が変わったこと、良い方向へと変わり始めたこととイコールだと思うからです。少なくとも彼らの放つ邪気に負けてはいないと思っています。
久保さんのサイトに出会えた事が自分の制作にも人生にとっても重要な主題を頂けたと感謝の気持ちでいっぱいです◎(それでつい先生と書いてしまいました。。)
まだまだ勉強不足ですが、精進致します。

ハンドルネームを「案山子」にしました。案山子をモチーフにした絵も構想中で、自分名前のイニシャルとも関連付けてます。
1.かかし→カガ(香具?)シ→かがむ蛇→ファイストス円盤
2.案山子→一本足→たたら製鉄→へファイストス→ファイストス円盤
3.案山子→クロス→イエス→稲荷(INRI)→稲が成る場所で収穫前に見守る存在→終わりの時→尾羽張→オリオン→オシリ(尻?)ス→ケツ(決、結)→最後→アトラス→トロイア→鳥居→出エジプト→出雲→蜘蛛の巣のようなファイストス円盤の区切り線。。。

長文、妄想失礼しました(笑)
今後とも宜しくお願い致します。
2014/07/30(水) 22:04 | URL | 案山子 #Uda5MOnU[ 編集]
ツタンカーメンの画像で検索するとこのブログで貼られた日本人みたいなのと違うのもありました。
見てみて下さい
2014/08/09(土) 12:13 | URL | あ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。