FC2ブログ

与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

日本は神国 15

116 聖書と日本
エホバの証人 VS 私 1

エホバの証人の方々は現在、世界に約700万人、日本に約21万人ほどおられるといいます。
エホバの証人の教えの大きな特徴は、「終末論」を中心に布教を展開をしていることにあります。
「今の世の中は、まもなく終わるが、自分たちエホバの証人だけは楽園で永遠に生きる」という教えです。
そして、「エホバの証人の教えを受け入れなければ、ハルマゲドンで絶滅される。」と宣告します。

ハルマゲドン!!
「ハルマゲドン」という言葉を前面に押し出して、「人類の裁きを宣告している」以上、これは「ヨハネの黙示録」の預言の最終的解答であるはずですね。

エホバの証人が我が家に伝道に来られた時に
「わたくしは聖書を通読してみましたが、聖書は謎の書であり、その謎はヨハネの黙示録に集約されているように思います。」と言いました。すると、
「それは、もう解明されています。」といって、『啓示の書 その壮大な最高潮は近い!』(ものみの塔聖書冊子協会出版 1988年)を差し出されました。

   啓示の書
啓示の書 その壮大な最高潮は近い!』1988年 ものみの塔聖書冊子協会発行

エホバの証人はこの『啓示の書』で、聖書の真理を教えてくださると申し出てくださったのです。
わたくしは2年間、『啓示の書 その壮大な最高潮は近い!』(320ページ)をテキストとして、聖書研究を指導していただきました。

しかし、世界で800万部ほどもいきわたっている、この『啓示の書』が、「ヨハネの黙示録」の奥義の解明を全うしているとは思えませんでした。
一読したところ、むしろ、プロパガンダ文書の趣であり、崇高さに欠けており、わたくしには、この書物が「真理」を宣べていると理解することは不可能でした。
次々と浮かび上がる「納得いかない個所」を指摘しますと、入れ代わり立ち代わり、エホバの証人の方々が説明してくださるのですが、何ら説明とはなっていませんでした。
「知らないことをなぜ伝道なさるのですか」などと、わたくしが申し上げようものなら、「わたしたちは、素直に真理を受け入れました。」といわれます。すなわち、わたくし筆者は心が素直でないから神から嫌われいるという意味です。
「あなたたちが、真理だと唱えている『啓示の書』を研究しても、この書が聖書や「ヨハネの黙示録」の真理を明かしているとは思えないのですけど・・・」と言いますと、
「あなたがエホバを判定するのではなく、エホバがあなたを判定されるのですよ」。
「エホバがわたしたちを選んでくださったのです。」・・・etcと、どこまで行っても問題すり替えに終わります。

「わたくしは、あなた方が真理の書籍だと唱えている『啓示の書』を、判定しようとしているだけですけど・・・」と言っても通用しません。
「エホバの証人たちは皆、この『啓示の書』を真理であると受け入れている。これを理解できないなら、その人は世の人、すなわち悪魔サタンの側の者であり、ハルマゲドンで滅ぼされる側であると判定される」と言うのです。

しかし、この時から数年後には、この「啓示の書」は聖書研究生のテキストではなくなりました。
もし、真理の書であるなら、価値がいや増しに増すでしょう。このような劣化をみることはあり得ないと思います。


エホバの証人の組織が真理の組織、唯一の神の組織だと説き、「この組織はエホバ神の唯一の経路です。」と、彼らは言い張ります。
さらに、「キリストは神への唯一の経路です。」と言い、また、「エホバの証人はクリスチャンです。」、そして、「そのキリストが用いる唯一の経路はものみの塔の統治体です。」と、彼らは続けます。

「なぜ、エホバの証人の組織だけが、エホバ神の唯一の経路であると伝道するのですか?」と聞きますと、「エホバ神の御名と福音とを世界に明かしている唯一のキリスト教組織だからです。」と云い、
「マタイ福音書」24章14の「この御国の福音は全地に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。」というイエスの御言葉を実践しているのは、エホバの証人だけです、との答えが返ってきました。

「不幸の音信」しか伝えないエホバの証人
なるほど、エホバの証人の方々が、エホバ神の御名を世界中でふれ告げていることは確かです。
しかし「福音を全地で宣べ伝えている。」というその福音の内容は、「今の世の中は終わり、エホバの証人たちは楽園で永遠に生きるが、エホバの証人以外の人々はハルマゲドンで絶滅される。」というのですから、どうみても、人類にとって、「福音」ではなくて「不幸の音信」です。
ヨハネの黙示録」では、ハルマゲドンとは、エホバ神の大いなる審判の日ではありますが、「裁かれて滅びるのは大いなるバビロンであり、その中枢である腐敗した宗教家と政治家であり、王たちとその配下である」はずです。
ヨハネの黙示録」の全22章を通し読みしましても、人類にふりかかる災難については読み取れても、人類の絶滅を読み取ることはできません。
このまま、まもなく歴史が突然終焉して、この「エホバの証人グループのみが、永遠の命を得る」というイメージは「ヨハネの黙示録」からは読み取れません。


ニュートンの「ヨハネの黙示録」研究から
ニュートンの研ぎ澄まされた「預言理解」の言葉を借りて、エホバの証人を考察してみましょう。
ニュートンは、聖書を、「ダニエル書」と「ヨハネの黙示録」を手掛かりに半世紀もの時間をかけて研究しただけあって、まことに正鵠を射た「聖書理解」をしています。

ニュートンの見解
 キリストの終末における再来において起こる事柄に関する多くの預言は、
 長い間失われていた真理の発見と再確立をもたらし、
 正義がそこに住まう王国をうち立てることをも目指している。

 こうして証明され理解された預言は古い諸預言を開示し、
 それら全体は真の宗教を知らしめ、確立するであろう。
 しかし、古い諸預言を完全に理解するための時はまだ至っていない。
 その時が来るまでは 、「すでに成就したことを解釈することで満足しなければならない。
 歴史を支配する神の意志と摂理は聖書においてすでに預言されており、
 千年王国の到来についても同様にそれが未来において実現するだろう

 歴史を支配する神に対して不動の信頼をよせ、
 過剰に想像力をたくましくしてキリストの再臨や千年王国の日時について考えることや、
 その切迫性を過度に強調するような態度は慎むべきである。

エホバの証人は
 「長い間失われていた真理の発見と再確立をもたらし」てはいない
 その語り口は、従来のキリスト教と同じです。
 「自分たちは神に属するが、ほかの者たちは家畜ゴイムである」とするユダヤ教にも似ています。
 「正義がそこに住まう王国をうち立てることをも目指している。」とも思えません。
 おそろしく上意下達の、いびつ極まりない独裁王国で、財貨収奪組織です。

 はっきり言うなら、「詐欺師がそこを支配する王国をうちたて」ているのです。
 その詐欺行為は、人類が絶滅するという年を何度も設定しなおして、
 「その切迫性を過度に強調する」
ことによって成り立っています。
 「地上で永遠に生きる」とか「決して死なない」という空手形を売りにしています。
 「決して死なない」というのは、アダムとイヴをそそのかした「蛇」のセリフ(「創世記」3章)ではありませんか。 
 
巻物の封印を開くにも見るにもふさわしい者
「ヨハネの黙示録」5章には「巻物の封印を開くにも見るにもふさわしい者が見当たらなかったので激しく泣いた。」とヨハネが記すほどの奥義なのです。
「エホバの証人の統治体の終末論に同意するか否か。」といった「二者択一」的論法がその「答えにして最終的解決」であるはずがありません。
キリスト教のアメリカ大統領もエホバの証人と同じ論法で世界を裁いていますよね。
「われわれ、正義の側に着くか、それとも爆撃機を差し向けられるか」という二者択一的論法でイラクやアフガニスタンを戦場としました。
このような、従来のキリスト教の指針と大同小異の「われわれの云うことを受け入れるか、それとも殲滅か」という二者択一が、人類への審判ではない筈です。
その奥義が解明されて、「ヨハネの黙示録」14章に描かれているような「永遠の福音」となり、「バビロンとその中枢の腐敗した宗教家と政治家、王たち、その配下」に対する神の裁きと神の栄光が同時にあらわれるはずです。
エホバの証人の「福音」は、「ヨハネの黙示録」とおおいにずれており、「ヨハネの黙示録の言葉を読む者と、これを聞いて、記されていることを守る者は幸いである」(「ヨハネの黙示録」1章3)と記されている「ヨハネの黙示録」の預言と合致していません。

「ヨハネの黙示録」の禁忌事項
ヨハネの黙示録22章には、次の禁忌事項が記されてあります。
18 「この書物の預言の言葉を聞くすべての者に、わたしは証する。これに付け加える者があれば、神は、この書物に書いてある災いをその者に加えられる。」
19 「この預言の書の言葉から、何か取り去る者があれば、神は、このに書いてある命の木聖なる都から、その者の受け取る分を取り除かれる。」

「ヨハネの黙示録」1章3の「記されていることを守る者」とは、これらの禁忌を守る者という意味にほかなりません。
「命の木」にあずかれる者たちとは、「ヨハネの黙示録」2章1~6の
「あなたが悪者どもに我慢ができず、自ら使徒と称して実はそうではない者どもを調べ、その虚偽を見抜くこと、」
「わたしの名(神の御名)のために忍耐を保つこと、」
「どこから落ちたのかを思い出して、悔い改めて初めの愛に立ち返ること、」
「ニコライ派の行いを憎むこと、」などを満たしている必要があるということを肝に銘じておくべきです。

「聖なる都」にあずかれる者たちとは、「ヨハネの黙示録」3章7~12の
「わたしはあなたの前に門を開けておいた。これを閉めることは誰にもできない。あなたには、少なからず力があり、わたしの言葉を守り、わたしの名を否まなかった。
「あなたは忍耐についてのわたしの言葉を守った。それゆえ、地に住む人々、全世界に来ようとしている試練のときに、あなたを守ろう。
「見よ、サタンの集いに属して、自分はユダヤ人であると自称する者たちに、わたしはこうしよう。ユダヤ人ではなく、実は偽りを言う彼らを、あなたの足元に来てひれ伏すようにして、わたしがあなたを愛していることを彼らに知らせよう。」
「勝利を得る者を、わたしの聖所の柱にしよう。わたしは、その者(日本民族)の上に、私の神の御名と、神の都、すなわち、神の元から、天から下って来る新しいエルサレムの名、そして、わたしの新しい名を書き記そう。」

要するに、「ヨハネの黙示録」について、自称使徒として、「啓示の書」のような「未熟な解説書を流布して、青梅のような未熟な実にして毒入りのパンを人々に食べさせるなら、聖なる都である神の楽園に住まわせないということです。
また、「ヨハネの黙示録の部分利用」をして、自分たちを神の代理人として、自分たちの知恵で、「新しいエルサレム」を作ってしまおうとしている英米キリスト教とユダヤ教は、余計なことを付け加え続けて、世界を闘争と戦争の場にしています。
全て、神の預言の成就を妨害する布教者たちを強く戒めておられる預言です。



スポンサーサイト



コメント
妄想ですが、ヤオヨロズ→YAWOYOROZUと書いた場合、YAWOはYHWHとも介せるなぁと思いました。ヨロズはエロス?
エロ→ヨーロッパ、夜、色、Hero

YHWH万之神→万物の神・恵穂葉?
2015/02/27(金) 08:26 | URL | 案山子 #Uda5MOnU[ 編集]
預言は実現しつつある
なぜギリシャ人 エジプト人 ユダヤ人が日本に来たのか考えてみました。ダニエル預言をご存じの前提に従い、書いてみます。この預言に当てはまる国は、日本だけです。①一つの石が人手によらずに切り出され 大陸から切り離された日本列島です。②ところがその像を撃った石は、大きな山となって全地に満ちました。 君が代を意味します。小さな石が大きな岩山になり永遠に至る国に成るからです。③あなたはその足と足の指を見られましたが、その一部は陶器師の粘土、一部は鉄であったので、それは分裂した国をさします。しかしあなたが鉄と粘土との混じったのを見られたように、その国には鉄の強さがあるでしょう。その足の指の一部は鉄、一部は粘土であったように、その国は、一部は強く、一部はもろいでしょう。あなたが鉄と粘土との混じったのを見られたように、それらは婚姻によって、互に混ざるでしょう。しかし鉄と粘土とは相混じらないように、かれとこれと相合することはありません。アメリカでありツインタワーです。ツインタワーは鉄とコンクリート(泥)で出来ています。この預言を聞いた王は永遠に至る国を探すべく秦の始皇帝のように探検隊を送る事にしたのです。失われた10部族はこの時バビロンにいた他の民族 太陽神を崇拝していて東方を目指していた エジプト人 ギリシャ人などと共に船に乗って日本に来たのです。途中インド 東南アジアなどに立ち寄り、船から降りた人もいましたが船に乗り込んできた人々もいました。ここにシュメール人(インドに亡命していた) インド人 東南アジア人なども加わったのです。七福神の宝船はこの時の記憶を伝説化しているのです。神様の信仰だけが伝わったのではなく、各神様を信仰する人々が日本にきたのです。神代文字は各神社の神を信仰する民族がそれぞれ伝えてきたものと考えられます。そして 君が代 日の丸はダニエルの預言や太陽神信仰が融合された永遠に至る国の象徴なのです。また、バビロンに残ったユダヤ人ですがイスラエルに帰った時から、すでに偽ユダヤ人が居たのです。すなわち、なりすましユダヤ人 バビロン人 バビロン ユダヤの混血人などです。彼らの中に像の頭部分の階級の人が居り王国を渡り歩いて支配者階級に寄生し世界を支配して来ました。世界は像の頭階級に支配されてきたのです。彼らは、現在、英米にいるのでしょうが、これらの人々は滅びる運命にあり、神様に祝福された日本を、妬かんでいて、原爆 地震兵器 バブルなどで攻撃してきたのです。また特ア 在日などを使い日本を貶めています。ユダヤの南北朝 バビロン対ユダヤの争いは今も繰り返されているのです。
それらの王たちの世に、天の神は一つの国を立てられます。これはいつまでも滅びることがなく、その主権は他の民にわたされず、かえってこれらのもろもろの国を打ち破って滅ぼすでしょう。そしてこの国は立って永遠に至るのです。一つの石が人手によらずに山から切り出され、その石が鉄と、青銅と、粘土と、銀と、金とを打ち砕いたのを、あなたが見られたのはこの事です。大いなる神がこの後に起るべきことを、王に知らされたのです。その夢はまことであって、この解き明かしは確かです。
2015/03/23(月) 23:05 | URL | みき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/24(火) 19:35 | | #[ 編集]
Re: No title

コメントをくださいまして、ありがとうございました。
「日本の謎と聖書の謎」を読んで下さり、評価してくださって嬉しく思います。
あなたのように言ってくださる方は、この世で、4,5人ですが、それだけでも、このブログを公開して良かったと思っています。
そのような奇特な方々でも、「ヨハネの黙示録」と「古事記」の重要性を知って、両書が示唆している「日本民族へのメッセージを旧約・新約聖書の中から探して読むこと」の大切さを悟って実行している方はいらっしゃるのでしょうか。わたくしにはわかりません。
しかし、あなた様は、聖書のメッセージをすでにいくつも受けておられ、しかも、全霊を傾けておられるご様子ですので、嬉しく思います。

わたくしの住まいに、しょっちゅう来てくださる35年来の友でさえも、「わたくしの研究について話すなら、絶交する」と、のたまうのですよ。病気、薬、美容、食べ物・・・の話のみのつきあいです。
「こんな国民に誰がした??」と歌いたくなります。


既に本をお持ちで、おそれいりますが、

5 クレタ島の粘土板に「彦穂々手見命」が!

で検索して、本を注文してくださいますと、新住所、新電話番号で、本を送付いたしますので・・・・

メールはしない方針ですので・・・

2015/05/23(土) 11:12 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
Re: 預言は実現しつつある

コメントをありがとうごじました。

> ダニエル預言の預言に当てはまる国は、日本だけです。
①一つの石が人手によらずに切り出され・・・
> 大陸から切り離された日本列島です。

おっしゃる通り、ダニエル書の預言が当てはまる国は、日本だけです。
各大陸棚の一部分から創り出された日本列島は、恵穂葉神のエデンの園用として備えられていたのです。

鉄と土砂で出来た偶像がアメリカでありツインタワーであるというのは、その通りですね。
+奴隷 銃 火薬 麻薬 偽キリスト教で築かれています。
つまり、歴史の土台がめちゃめちゃですので、「新世界」という「神の約束の国」という幻想即ち偶像は崩れゆくしかあり得ません。。 

一方、「ファイストス円盤」という「小さな石」が、その他の「なりすまし」すべてを暴くことになりますので、世界は浄化される日が近いと思います。

古代からの日本民族の守護神恵穂葉神は、文字の構成からもうかがえますように、「義の太陽」と言われていたようで、後には、イエスにもこの称号が与えられたことが、聖書に出ています。
日本民族が、本当に「太陽崇拝者」だったのでしょうか。無知な人々は別として・・・・。
とにかく、明治以降の人文系の学問的見解は、まったく、あてになりません。

とにかく、面白いコメントをありがとうございました。

2015/05/23(土) 12:04 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
イシスとアマテラスでたどり着きました
初めまして。日本とエジプトには深いつながりがあると学んでいるものです。非常に興味深いブログですので、じっくり読んでみたいと思います。イシスとアマテラスの生まれがエジプトと日本で左右逆になっていたと思いますが、それを調べようと検索したらここに来ました。私は滋賀県のものですが、アメノマヒトツという一つ目の神が日本の根源神であり、滋賀県にその謎のカギがあると考え、いろいろ調べています。私の苦手な星の話もここには詳しく書かれていますね。とても勉強になります。これからもよろしくお願いします。
2015/06/19(金) 21:36 | URL | 嶋内正樹 #-[ 編集]
Re: イシスとアマテラスでたどり着きました
はじめまして
コメントありがとうございました。

> アメノマヒトツという一つ目の神が日本の根源神であり、滋賀県にその謎のカギがあると考え・・・・

わたくしも、日本の根源にはアメノマヒトツという一つ目だと思っています。
今から、20年以上も昔のことですが、岐阜県垂水の南宮神社のふいご祭りを尋ね、また、関市の大野兼正刀匠をお訪ねして、たたらや、刀鍛冶や砂鉄などについて、5,6時間もお話を承ることが出来ました。「学説では、鉄鉱石などは半島から手に入れていたということになっていたが、岐阜に(赤坂ほか)良質な鉄鉱石が採れたにちがいない」ということを力説しておられました。
菊花石などを売っている店でその話をしましたところ、店主から川で拾ったという「隕鉄」をいただきました。大雨の後などに見つかるそうですすが、場所は秘密だとのことでした。これを砂鉄状にして「あこめ」という砂鉄などと組み合わせることによって、世界に優れた刃物が出来たのかもしれません。滋賀県は隣ですから、当然、昔は素晴らしい山砂鉄がとれたことでしょう。撮り尽くした残骸がピラミッド山かも。
天下分け目の関ヶ原とは「赤が原」でしょうね。高山の合掌造りの中では、秘密裏に尿や蚕の糞などからの硝石造りに励んでいたそうですが、これも鉄につきものの秘密の副産物でしょうね。

とにかく、研究、がんばってください。
2015/07/07(火) 13:21 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる