与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

日本は神国 20

121 聖書と日本 

「啓示の書」(ものみの塔)を論破する 2

「新しいエルサレム」 
「ヨハネの黙示録」21章を検証 2 

パート2 黙示録21章3~8
 また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、
 「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、
 彼らは神の民となり、神自ら彼らと共にいまして、
 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。
 もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。
 先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。
 すると、御座にいますかたが言われた、
 「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。
 また言われた、
 「書きしるせ。 これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。
 そして、わたしに仰せられた、
 「事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。
 初めであり、終わりである。
 かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。
 勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。
 わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。
 しかし、臆病者、信じない者、忌むべき者、人殺し、
 姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、
 すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、
 彼らの受くべき報いである。これが第二の死である」。

「わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの子となる。」という言葉が繰り返されています。
これは、「エゼキエル書」37章や「エレミヤ書」31章を読ませるためです。
「エゼキエル書」37章は、「死んでいて、しかも、ひどく干からびた骨となってしまっているエホバの国民」が蘇えって「永遠の平和の契約を結ぶ」という重要な預言です。

「エセキエル書」37章 抜粋
1 主の御手が私の上にあり、主の霊によって、私は連れ出され、谷間の真中に置かれた。そこには骨が満ちていた。
2 主は私にその上をあちらこちらと行き巡らせた。なんと、その谷間には非常に多くの骨があり、ひどく干からびていた。
3 主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨は生き返ることができようか。」私は答えた。「神、主よ。あなたがご存じです。」
4 主は私に仰せられた。「これらの骨に預言して言え。干からびた骨よ。主のことばを聞け。
5 神である主はこれらの骨にこう仰せられる。見よ。わたしがおまえたちの中に息吹を吹き込むので、おまえたちはよみがえる。
6 わたしがおまえたちに筋をつけ、肉を生じさせ、皮膚でおおい、おまえたちの中に息を与え、おまえたちが生き返るとき、おまえたちはわたしが主であることを知ろう。」

10 すると、彼らに御霊が入り、彼らは蘇えって自分の足で立ちあがった。
11 主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨はイスラエルの全家である。ああ、彼らは、『私たちの骨は干からび、望みは消えうせ、私たちは滅びる。』と言っている。

13 わたしの民よ。わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。
22 わたしが彼らを、その地、イスラエルの山々で、一つの国とするとき、ひとりの王が彼ら全体の王となる。彼らはもはや二つの国とはならず、もはや決して二つの王国に分かれない。
23 彼らは二度と、その偶像や忌まわしいもの、またあらゆるそむきの罪によって身を汚さない。わたしは、彼らがかつて罪を犯したその滞在地から彼らを救い、彼らをきよめる。
彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。
24 わたしのしもべダビデが彼らの王となり、彼ら全体のただひとりの牧者となる。彼らはわたしの定めに従って歩み、わたしのおきてを守り行なう。

26 わたしは彼らと平和の契約を結ぶ。これは彼らとのとこしえの契約となる。
わたしは彼らをかばい、彼らをふやし、わたしの聖所を彼らのうちに永遠に置く。
27 わたしの住まいは彼らとともにあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。
28 わたしの聖所が永遠に彼らのうちにあるとき、諸国の民は、わたしがイスラエルを聖別する主であることを知ろう。

「彼らはもはや二つの国とはならず、もはや決して二つの王国に分かれない。」
これは、あちらこちらの国に民が分散していて、どこに本拠地がるのかわからない「ユダヤ人」と区別するため、また、ニチユ同祖論者を戒めるためにも置かれている預言です。
彼らはアブラハムの子孫であると主張しますが、アブラハムとは、各大陸の骨から成る「あばら骨」状態の日本のことです。
今、欧米の国際資本家たちの戦略によって、黄泉王に囚われの身となっている日本は、恵穂葉神の目から見ると「墓の中の干からびた骨」なのです。「古事記」では、身体中蛆(うじ)にたかられている「伊邪那美命」と書かれています。
「わたしのしもべダビデが彼らの王となり」のダビデは、竪琴を奏でて黄泉王のとりこになっている妻エウリュディケを呼び戻そうとするギリシャ神話のオルフェゥスなのですが、それは「古事記」では、伊邪那岐命となっています。

ダビデは、「契約の箱」を、ダビデの幕屋のあったシオン(エルサレムの南端)から北側に建てられた神殿に移したことが、「Ⅱ歴代誌」5章に書かれています。
その、神宝「マナの壺や十戒石」を納めた「契約の箱」は、主の臨在を象徴するものといわれていますが、日本ではこれを「御神体鏡」「御霊代」または「御霊」といいます。

「エゼキエル書」37章の「枯れた骨であるイスラエル全家をよみがえらせる御霊とは、羅馬船(あめのかがみのふね)に載せて運ばれてきた御神宝の御霊のことなのです。
それは、「古事記」「日本書紀」そのほかの文献や「ヨハネの黙示録」「創世記」「申命記」を照合して、「ファイストス円盤」とこれに使われた印璽であることが解されるのです。

「彼らは神の民となり、神自ら彼らと共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。」とは、世界戦略のために、謀られ、むしられ、貶められ、原爆でいためつけられ、ほうられた羊である日本の無念の涙をぬぐってくださることを預言しているのです。
「エホバ神への敵対者」に属している者たちから、日本国民は散々痛めつけられ、貶められていたのです。
第二次世界大戦、原爆投下、そして、日本全土にわたる焼土作戦などは、日本という神の国に対する嫉みと世界征服欲に駆り立てられた者たちの「黙示録戦争」であることが、「ヨハネの黙示録」によって証明されるように編纂されているのです。
そして、今後、彼らが日本抹殺を謀る危険が去ることを預言しています。

「わたしは、アルパでありオメガである。 初めであり、終わりである。」とは、「創世記」が、既に「ヨハネの黙示録」と一対であり、「エデンの園のいのちの樹」にまつわる預言は、ここにはじめて完結したのです。それは、この預言が解読された時点で、「事はすでに成った」なのです。

「創世記」                    「ヨハネの黙示録」
 天地創造と祝福                新天新地創造と祝福
 アダムとイヴの結婚              イエス・キリストと日本が結ばれる
 「命の樹の実」の神の禁忌を冒す      「命の樹の実」の解禁
 「命の樹の実」を神から盗んで食す     「命の樹の実」与えられる。
 「エデンの園から追放される         「新しいエルサレム」に神とともに住まう。


この「聖なる都、新しいエルサレム」にして、「イエス・キリストの花嫁」が、日本であるということは、数千年前からの約束事であり、これこそが、わが国が「神国」と伝えられてきた所以だったのです。
聖書の創世記の冒頭にすでに今日の世界が予言されていたということがわかります。
「創世記」や「申命記」そして「ヨハネの黙示録」などとリンクしており、しかも解説書となっている「古事記」なども、予言の書でもあったのです。

「かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。 勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。」

しかし、明治維新という欧米の策士の手で仕組まれた「テロ」によって、守護神エホバの御座に、祭司長(天使)であるはずの天皇が自らを神格化して着座されましたので、エホバ神が日本を避られ、日本は戦争犯罪国となり、国土は焦土となり、主権を連合国の手に握られるという「国の死」を経験しました。
そのどさくさの間に1948年に、連合国の助けで、中東の「イスラエル」という国が樹立しました。キリスト教の国々もこれを「神の祝福」として受け入れ、称賛しましたました。



 最後の七つの災害が満ちている七つの鉢をもった七人の御使のひとりがきて、
 わたしに語って言った、
 「さあ、きなさい。小羊の妻なる花嫁を見せよう」
 この御使は、わたしを御霊に感じたまま、大きな高い山に連れて行き、
 聖なる都エルサレムが、神の栄光のうちに、
 神のみもとを出て天から下ってくるのを見せてくれた。


 その都の輝きは、高価な宝石のようであり、透明な壁玉のようであった。
 それには大きな、高い城壁があって、十二の門があり、
 それらの門には、十二の御使がおり、
 イスラエルの子らの十二の部族の名が書いてあった。
 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。
 また都の城壁には十二の土台があり、
 それには小羊の十二使徒の十二の名が書いてあった

この預言は、新しいエルサレムの土台である歴史について述べたもので、十二部族ともに「太古の日本の先祖たち」であり、イエスも十二使徒も日本人だったということを明かすための章句です。
イエスが命で贖って、全世界に広めた「新約聖書」とりわけ「ヨハネの黙示録」の内容が日本にかかわるものなのは、イエスが日本人だったからです。

 わたしに語っていた者は、都とその門と城壁とを測るために、
 金の物差しを持っていた。
 都は四角形であって、その長さと幅は同じである
 彼がその物差しで都を測ると、一万二千スタディオンであった。
 長さと幅と高さとは、いずれも同じである。
 また、城壁を測ると、百四十四キュピトであった。
 これは人間の物差しで測ったもので、天使が用いたものもこれである

 1万2千スタディオンの長さの日本
 『千葉市を中心とした一千キロメートルのはんい』
        「すすむ千葉県」千葉県教育会館発行

 日本の領土
 日本の領土

「物差しで都を測ると、一万二千スタディオンであった」という章句に、わたくしは目を留めて、すぐさま、物差しを日本地図に当てて測ってみました。すると、ただちに、日本列島は、長さが約12000スタディオン、すなわち、約2220キロメートルという数値に当てはまることが解りました。
「都は四角形であって、その長さと幅は同じである」という預言の言葉も日本の領土の形状に合致しています。
さきほどの「日本列島 花嫁」が、こじつけではないことをダメ押しをするかたちです。

ユダヤ教徒は、この予言を「千年王国」(メシア的王国)、「エルサレム(シオン)」として現実化するシオニズム運動を展開し、欧米の連合国もこの企画に乗り、その手始めとして、1948年にイスラエル国を建国しました。
しかし、キリスト教会の多くは、「新しいエルサレム」の高さが12000スタディオン(2220km)というのは、現実にはありえないとして、「抽象」「象徴」的章句であるという見解を示して、「新しいエルサレム」とは、輝けるキリスト教会のことだという見解も保留しています。

  新しいエルサレム図 14世紀のタペストリー
  新しいエルサレム図 14世紀のタペストリー ウィキペディアより

「ヨハネの黙示録」21章の「新しいエルサレム」にまつわる数値や形状の表現は、
ギリシャの地誌学者ストラボン(BC64~AD31年頃)の「ギリシャ・ローマ地史」龍渓書舎刊 飯尾都人訳の記事中の、
ギリシャのペロポネソス半島やイベリアを表現した記事を参照することを示唆しています。
ストラボンは紀元前64年頃から紀元後31年頃、即ち、イエスやヨハネの生きていた時代に重なる歴史地理学者です。

「ヨハネの黙示録」は、聖書とギリシャの古典、そして、日本の古典などを照合させる目的をもって謎を構成しているのであり、宗教家や為政者たちの狭すぎる視野に対する批判が篭められているようです。

「ヨハネの黙示録」のこの「新しいエルサレム」に関する章句は、さらに、ヤコブの誕生の記事の真相を探求させるよう誘導していると思われるのです。

ストラボン「ギリシャ・ローマ地誌」 より
 ペロポネソスは、形がプラタナスの木の葉に似て、
 長さと幅はほぼ等しく、共に1400スタディオン(約252km)に及ぶ。

 イベリア地方全体は、形が剥がしたままの牛皮に似て、 
 長辺は西から東に伸びて東側辺りが額部分にあたり、
 幅辺は北から南へのびる。・・・

ヤコブとエサウの誕生 「創世記」25章  より
 イサクの妻リベカが身ごもった。主は告げられた。
 「二つの国があなたの体内にあり、 
 二つの国民があなたから分かれる。
 一つの国民が他の国民より強く、兄が弟に仕える。」
 出産のときが満ちると、双子が体内にいた。
 最初に出てきた子は、赤くて、全身毛衣のようだったので、
 エサウと名付けた。 
 後で弟が出てきたが、そのエサウの踵をつかんでいた。
 その子をヤコブと名付けた。

ヤコブの手とは、イタリアの踵に近い「手の形のペロポネソス半島」を含む領土を示唆したものと考えられます。

 ペロポネソス半島
 プラタナスの葉や手に似ているペロポネソス半島 

エサウの「赤くて全身毛衣」は「剥がした牛皮」の別の表現であり、それはイベリア全体を指すことが、ストラボンの「ギリシャローマ地誌」の記事によって導かれます。
ヤコブの手によって踵を捕まえられていたというエサウの領土は、踵のあるイタリア半島を含んでいたようです。

日本が「新しいエルサレム」となるならば、「ヤコブ」、すなわち、「イスラエル」の真相を明らかにしなくてはなりません。
それはまた、ギリシャのクレタ島から1908年に出土した、「ファイストス円盤」(今から3600年ほど昔の粘土板)が、「エホバ」「ヨセフ」「モーセ」などの名を日本語で刻印し、聖書の「創世記」48章49章、「申命記」33章など度、連携していることにより、「聖書の民」が日本人であったことを証しはじめたのです。
「ヨハネの黙示録」は、こうしたことを予見したうえで。見事に連携して、わが国の燦然と輝いていた古代史、即ち、土台を明かす時がきて、「新しいエルサレム」の土台が宝石で飾られていることを披露しようとしているのです。


ものみの塔統治体様への質問 1
新しいエルサレムについて
ものみの塔の「啓示の書」307ページで、
「新しいエルサレム」の12000スタディオンという数値を、「象徴的な数値」であるといい、
 「新しいエルサレム」は、
 神のとこしえの目的を成し遂げるために
 絶妙な仕方で企画された組織上の一つの取り決めでです。
 王となるイエス・キリストとともに、
 新しいエルサレムは、エホバの王国の組織をなしています。」

と、唱えています。


しかし、新しいエルサレムが、日本列島の形状や数値、そして領土の形状に合致するという事実や、
イエスやヨハネの時代の地誌学者ストラボンの著わした「ギリシャ・ローマ地誌」の中のペロポネソス半島とイタリア半島の数値と同一単位であり、描写も似ていることをどう説明されますか。
ぜひ、証拠を出して見解を示してください。

城壁は碧玉で築かれ 
 城壁は壁玉で築かれ、
 都はすきとおったガラスのような純金で造られていた。
 都の城壁の土台は、さまざまな宝石で飾られていた。
 第一の土台は壁玉、第二はサファイヤ、第三はめのう、
 第四は緑玉、第五は縞めのう、第六は赤めのう、
 第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉石、
 第十はひすい、第十一は青玉、第十には紫水晶であった。

 十二の門は十二の真珠であり、門はそれぞれ真珠で造られ、
 都の大通りには、透き通ったガラスのような純金であった。
 わたしは、この都の中に聖所を見なかった。
 全能者にして主なる神と小羊とが、その聖所なのである。
 都は、日や月がそれを照す必要がない。
 神の栄光が都を照らし、小羊が都の明かりだからである。
 諸国民は都の光の中を歩き、
 地の王たちは、自分たちの栄光をそこに携えて来る。
 都の門は、終日、閉ざされることはない。
 そこには夜がないからである。
 人々は、諸国民の栄光とほまれとをそこに携えて来る。
 しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う者は、
 その中に決してはいれない。
 入れる者は、小羊のいのちの書に名を記されている者だけである。

宝石にまつわる記述は、「出エジプト記」39章8~14に記されている大祭司の胸当てエポデの宝石を参照させる目的でここに掲げてあるのです。
新しいエルサレム日本の過去が「ヤコブの12部族」であったことを証明するためです。
これらの宝石の「印璽」が、神宝として、首飾りとしてわが国に伝来しているのです。
それは4つに別けて納められています。

日本の国の土台や城壁である「歴史」や「預言者」が、尊く栄光にみちたものであったことを、ここで繰り返して称えているのです。
スポンサーサイト
コメント
更新ありがとうございます
やっぱり明治維新は白人による操作を感じますよね。それでも西洋文化にかぶれていったのは個人個人の責任ですけど、なんともいえない気持ちになります。

真の神の世界が明らかになる時は近づいてきてると思います。
2015/06/23(火) 21:06 | URL | あいしてる♪ #-[ 編集]
Re: 更新ありがとうございます
読んで下さり、コメントを下さって感謝しております。
もっと、面白く読めるようにしないと、訪問者ゼロになってしまいますね。
そんな中で、問題点を読み取って、一緒に考えて下さって、励まされます。

明治以来、科学技術や、工業技術はどんどん発展しましたが、民度は最低に落ち込んでいます。わたくしも、字は書けないし、含蓄のある言葉づかいなどはできません。インターネットをのぞきましても、下品な絵と空虚な文であふれかえっております。

聖書の「言葉は神なり」とはまさしく金言です。
もっと、自分以外のことにも思いを巡らせることをしないと、たんなる動物以下になってしまいますよね。
こんなわけで、ブログを続けるにも悩んでいる状態です。

> 真の神の世界が明らかになる時は近づいてきてると思います。

わたくしも、その時が来ることを信じて生きております。
ちなみに、このようにおっしゃってくださっている方は、まだ2人か3人です。
でも、ヨブのように孤独ではないこと、ありがたく感謝いたしております。

2015/07/07(火) 13:58 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる