与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は神国 21

122 聖書と日本 続

啓示の書」(ものみの塔)を論破する 2 

新しいエルサレム」 
ヨハネの黙示録」21章を検証 2  

ものみの塔統治体の新しいエルサレム
新しいエルサレムについ
ものみの塔の「啓示の書」307ページで、新しいエルサレム」の12000スタディオンという数値を、「象徴的な数値」であるといい、次の見解をのべています。
 「新しいエルサレム」は、神のとこしえの目的を成し遂げるために
 絶妙な仕方で企画された組織上の一つの取り決めです。
 王となるイエス・キリストとともに、新しいエルサレムは、
 エホバの王国の組織をなしています。」


その新しいエルサレム、イエス・キリストとともにそこから全世界を統治する新しいエルサレム像として、「啓示の書」302ページに、次のような挿絵を掲載しています。

啓示の書302ページ

ものみの塔の統治体の「新しいエルサレム」の象徴は、この挿絵にみられるように、摩天楼ひしめくコンクリート・ジャングルなのです。そのモデルはニューヨークであると、あるホームページのThe Watchtower Jerusalem is New York! 
By  Ruediger Hentschel の記事には、次のように書かれていました。
「The Control Center of the Jehovah's Witnesses after Armageddon is New York!」

詳しくは、The Watchtower Jerusalem is New York! で検索してみてください。


世界を創造した神やイエスキリストがニューヨークのような摩天楼のひしめく都市を新しいエルサレムの理想像とお考えになるでしょうか。
ものみの塔の組織の首脳者たちが経済支配にしか関心がないことを垣間見ることのできる挿絵です。
そして、ものみの塔もまた「アメリカがニューエルサレムとして世界を一極支配すべきだ」と考えるアメリカの聖書ファンダメンタリストの一派にすぎないこともわかります。


聖書原理主義のキリスト教
現代社会を見ますと、一般のキリスト教会も、仏教も、神道も、他の新興宗教も、今日の宗教はすべて、唯一神の御意思を無視しています。
今日のすべての宗教は、「宗教関係者自身の権力と集金のための組織」であり、すべての宗教が詐欺的要素とマインドコントロール的要素を縒り合わせたしろものとなっています。
こうした宗教で集められた金は、究極において投資家を太らせるに利し、投資家は軍産複合体と資源略奪者たちを太らせるという恐るべき悪循環で巡っています。
ニューヨークのブルックリンの物見の塔聖書冊子協会本部が、国連組織に寄付をし、兵器産業会社に投資しているとインターネットに書き立てられて暴露されましたが、エホバの証人たちの大会の諸会場を見ただけで、その正体がいかなるものか推測できるでしょう。

物見の塔冊子教会の例
ものみの塔冊子協会の書籍「啓示の書」は、1から7までのラッパを吹き鳴らしたのはわれわれであると書いているのですが、「ヨハネの黙示録」の1から6までのラッパの奏者は「天地の破壊者」の合図のラッパ手として描かれているのです。
ものみの塔組織の啓示の書」のP134~149に、ものみの搭がラッパを吹き鳴らした土地が書いてありますから、これを列記してみます。

 米   オハイオ州     シーダー・ポイント
 〃   カリフォルニア州  ロサンゼルス
 〃   オハイオ州     コロンバス
 〃   インディアナ州   インディアナポリス
 英   ロンドン 
 カナダ トロント                   
 米   ミシガン州     デトロイト

このような場所で、大会毎に、およそ5000万部ずつもの文書が頒布されたことをみますと、これら米英カナダという核開発のリーダーシップをとった国々の、国家的バックアップがあることがうかがわれ、ものみの塔組織もまた、世界戦略的洗脳機関であるという疑いを否定できません。
アメリカと言う国は、ローズヴェルトにしろレーガンやブッシュにしろ、大統領はみな「聖書」に手を置いて宣誓します。
しかし、「聖書」には、パウロの文書が入っている事でも判別できますように、パリサイ人たちの「毒麦」文書すなわち「パン種」が混入しています。生前、イエスは「パリサイ人のパン種に気をつけなさい」と教えおかれました。
それを、「聖書は100パーセント神の言葉であり、すべて正しい」と言い張るのは、この「毒麦」こそが彼らにとって重要な要素だからなのです。アメリカの大統領は、「聖書」の中の毒麦を正しいとして宣誓する「聖書原理主義者」です。
アメリカには、「ハルマゲドン待望論者」向けの、聖書原理主義キリスト教組織がいくつもありますが、「新世界秩序」や「ワンワールド」という言葉を発する大統領や政治家たちは、みな、この聖書原理主義の推進者です。
言い換えれば、こうした聖書原理主義者たちは、いずれも軍事大国アメリカの「国教」の分派にすぎません。
エホバの証人も「聖書原理主義者で、彼らの組織も「アメリカ国教」の分派であるということがおわかりでしょう。
ものみの塔組織は、2012年頃から、「神の国」を宣教するかわりに、「世界政府」という言葉を強調しています。

世界の資源は限られているから、「全地球的な管理機関でなければ,地球の資源を公平に分配することはできないでしょう。」「ものみの塔」 2015年2月 と、世界政府の実現を宣べています。
もちろん、ものみの塔組織が全地球的な管理機関としてエホバ神から任命されているという論法です。
しかし、ものみの塔組織内で今行っている全地球的な管理機構ときたら、上層部は下部の極貧生活に無頓着で、病気になろうが精神を病もうが一切無関心、非人間的、非生産的、上意下達の独裁的、集金マシン的、etc・・・・おぞましいものです。・・・言っていることと現実に実行していることの落差がありすぎで噴飯ものです。
全地球が「ものみの塔独裁」の管理機関となったら人類は終わりそうですが、さいわいにも、エホバの証人一人を獲得するのに、日本では3万時間以上、アメリカでも7千時間かかるということですので、「ものみの塔組織」が世界政府になることはありえないでしょう。

では、ものみの塔組織がその一部であるアメリカが「世界政府」となり、「千年王国」となるのでしょうか。
アメリカとは、入植以来、その第一歩から今日に至るまで、銃と火薬で歴史を刻んできた国です。
ピューリタンと称した人たちも、パリサイ人のパウロ教の一派であることに変わりはありません。
聖書原理主義者、すなわち「パウロ教」の教義である「十字架のキリスト(パウロ教)に従うか、さもなくば死か」という二者択一を迫って、原住民を淘汰し、アフリカ人や中国人を数百万人も奴隷として酷使して築いた急ごしらえの文明国家、それがアメリカです。

アメリカは20世紀になって、原子爆弾を作成して以来、その「核の脅威」を振りかざして世界を牛耳ってきました。
「我々に従うか、さもなくば、我々に処罰されるか。」と核の棍棒で支配した七十年間のアメリカの「国際戦略」は、どう見ても失敗しているといえます。
このままいけば、アメリカは、ますます迷走し、世界はますます荒れはててゆくのみです。
ですから、神の預言の新しいエルサレムがアメリカであるなどとは思いません。

その理由は、「ヨハネの黙示録」の預言の実現以外に「世界平和の成就」はないからです。
すなわち、神の預言を簒奪している者たちには、平和の予言を成就させる力がないのです。

旧約聖書は「ユダヤ人」と自称する人たちに用いられてきました。これは前門のトラですね。
新約聖書は「パウロを筆頭とするパリサイ派の人々」によって簒奪されました。こちらは、後門のオオカミと申せましょう。
ところが、「ヨハネの黙示録」は、新約聖書です。
そして、「ヨハネの黙示録」は、旧約聖書と新約聖書を照合し、合一しないと解を得ることができないように編纂されています。
ですから、ユダヤ人と自称する側から「ヨハネの黙示録」の解が出ることはないのです。同様に、カトリックやプロテスタントの側からも、「ヨハネの黙示録」の解が出ません。

しかし、ものみの塔組織は、「エホバの証人にして真正のクリスチャン」と自称する立場をとり、旧約聖書と新約聖書の双方の領域に自由自在に踏み込める新地を開拓しました。
しかし、それは、ユダヤ人と自称する人々の教義と、キリストの使徒であると自称する人々の教義のあちらこちらから寄せ集めたものにすぎず、トラとオオカミのハイブリッドの奇々怪々の化け物になっています。

旧約聖書の民もイエス・キリストも日本人であったことを認めることを抜きにしては真相が決して理解できないような仕組みになっているのが「ヨハネの黙示録」です。

ニュートンのヨハネの黙示録研究について、さきに書いたことをここで繰り返してみます。

イギリスのアイザック・ニュートン(1642~1727年)は、ヨハネの黙示録を検証して、
 「聖書の預言を理解するためには、
 まず、預言者の言語に習熟しなければならない。
 預言の解明は、長い間失われていた真理の発見をもたらし、
 正義がそこに住まう王国が打ち立てられるという目的に沿い、
 また、証明される預言は、古い諸預言を開示し、
 それら全体は真の宗教を知らしめ、確立するであろう。

と述べています。
法王や神学者よりも、科学者のニュートンの方が正鵠を射た発言をしていると思います。
ニュートンは、カトリックに懐疑の目をむけていたばかりか、ルターやカルビン派のプロテスタントや、英国国教に対しても懐疑的であったために、生前には聖書関係の研究を出版しなかったのだと言われています。
「証明される預言は、古い諸預言を開示し、それら全体は真の宗教を知らしめ、確立するであろう。」というニュートンの言葉は、ニュートンの時代のキリスト教やユダヤ教を真の宗教であるとは思っていなかった証拠ですし、「古い諸預言を開示し」とは、新約聖書中のヨハネの黙示録の解明によって、旧約聖書中の古い諸預言が開示されることを意味し、すなわち、旧約聖書を重んじないパウロ由来のキリスト教をニュートンは肯定していないことを示唆しているのです。


日本が旧約聖書の民であることは、地中海のクレタ島から「エホバ、ヨセフ、マナセ、エフライム、そして、モーセ」の名が刻まれた「ファイストス円盤」が出土したことによって、決定的となりました。
古代や中世の地図もこれを証明します。:
日本が新約聖書の民でもあることは、「ヨハネの黙示録」を筆頭とする聖書の預言のほとんどが証明します。
イエスが「ファイストス円盤」の印璽を日本にもたらされたことは、「ヨハネの黙示録」と、ある場所に秘蔵されている箱が、やがて証明することになるでしょう。

その「印璽」こそが、このブログの下の記事の中に出てくる「宝石」の数々なのです。

「ヨハネの黙示録」は、奥深く、過去の歴史や現世界の国際問題や未来を見据えた高度な内容なのです。
エホバの証人たちは「ハルマゲドン」という「ヨハネの黙示録」にしか出てこない言葉を操って、浅薄な聖書解釈で信者を獲得しようとしていますが、今日、一人の信者獲得にアメリカでは7000時間以上、日本では30000時間以上の時間を要する事態となっているそうです。

新しいエルサレムが日本であるとする根拠卑ついては、前回でも書きましたが、もう一度とりあげます。
これを誠意をもってごらんになれば、「日本という、この70年間というもの、必死で平和を貫こうとしてきた国民の国」を「新しいエルサレム」とすることによって、中東を火種とするおぞましい戦争や紛争に終止符を打つことを神がお求めになっていることがおわかりになるでしょう。

「ヨハネの黙示録」21章から
 わたしに語っていた者は、都とその門と城壁とを測るために、
 金の物差しを持っていた。
 都は四角形であって、その長さと幅は同じである
 彼がその物差しで都を測ると、一万二千スタディオンであった。
 長さと幅と高さとは、いずれも同じである。
 また、城壁を測ると、百四十四キュピトであった。
 これは人間の物差しで測ったもので、天使が用いたものもこれである

 1万2千スタディオンの長さの日本
 『千葉市を中心とした一千キロメートルのはんい』
        「すすむ千葉県」千葉県教育会館発行

 日本の領土
 日本の領土

「物差しで都を測ると、一万二千スタディオンであった」という章句に、わたくしは目を留めて、すぐさま、物差しを日本地図に当てて測ってみました。すると、ただちに、日本列島は、長さが約12000スタディオン、すなわち、約2220キロメートルという数値に当てはまることが解りました。
「都は四角形であって、その長さと幅は同じである」という預言の言葉も日本の領土の形状に合致しています。
さきほどの「日本列島 花嫁」が、こじつけではないことをダメ押しをするかたちです。

「ヨハネの黙示録」21章の「新しいエルサレム」にまつわる数値や形状の表現は、ギリシャの地誌学者ストラボン(BC64~AD31年頃)の「ギリシャ・ローマ地史」龍渓書舎刊 飯尾都人訳の記事中の、ギリシャのペロポネソス半島やイベリアを表現した記事を参照することを示唆しています。
ストラボンは紀元前64年頃から紀元後31年頃、即ち、イエスやヨハネの生きていた時代に重なる歴史地理学者です。
「ヨハネの黙示録」は、聖書とギリシャの古典、そして、日本の古典などを照合させる目的をもって謎を構成しているのであり、宗教家や為政者たちの狭すぎる視野に対する批判が篭められているようです。

「ヨハネの黙示録」のこの「新しいエルサレム」に関する章句は、さらに、ヤコブの誕生の記事の真相を探求させるよう誘導していると思われるのです。

ストラボン「ギリシャ・ローマ地誌」 より
 ペロポネソスは、形がプラタナスの木の葉に似て、
 長さと幅はほぼ等しく、共に1400スタディオン(約252km)に及ぶ。

 イベリア地方全体は、形が剥がしたままの牛皮に似て、 
 長辺は西から東に伸びて東側辺りが額部分にあたり、
 幅辺は北から南へのびる。・・・

ヤコブとエサウの誕生 「創世記」25章  より
 イサクの妻リベカが身ごもった。主は告げられた。
 「二つの国があなたの体内にあり、 
 二つの国民があなたから分かれる。
 一つの国民が他の国民より強く、兄が弟に仕える。」
 出産のときが満ちると、双子が体内にいた。
 最初に出てきた子は、赤くて、全身毛衣のようだったので、
 エサウと名付けた。 
 後で弟が出てきたが、そのエサウの踵をつかんでいた。
 その子をヤコブと名付けた。

ヤコブの手とは、イタリアの踵に近い「手の形のペロポネソス半島」を含む領土を示唆したものと考えられます。

 ペロポネソス半島
 プラタナスの葉や手に似ているペロポネソス半島 

エサウの「赤くて全身毛衣」は「剥がした牛皮」の別の表現であり、それはイベリア全体を指すことが、ストラボンの「ギリシャローマ地誌」の記事によって導かれます。
ヤコブの手によって踵を捕まえられていたというエサウの領土は、踵のあるイタリア半島を含んでいたようです。

日本が「新しいエルサレム」となるならば、「ヤコブ」、すなわち、「イスラエル」の真相を明らかにしなくてはなりません。
それはまた、ギリシャのクレタ島から1908年に出土した、「ファイストス円盤」(今から3600年ほど昔の粘土板)が、「エホバ」「ヨセフ」「モーセ」などの名を日本語で刻印し、聖書の「創世記」48章49章、「申命記」33章など度、連携していることにより、「聖書の民」が日本人であったことを証しはじめたのです。
「ヨハネの黙示録」は、こうしたことを予見したうえで。見事に連携して、わが国の燦然と輝いていた古代史、即ち、土台を明かす時がきて、「新しいエルサレム」の土台が宝石で飾られていることを披露しようとしているのです。


 城壁は壁玉で築かれ、
 都はすきとおったガラスのような純金で造られていた。
 都の城壁の土台は、さまざまな宝石で飾られていた。
 第一の土台は壁玉、第二はサファイヤ、第三はめのう、
 第四は緑玉、第五は縞めのう、第六は赤めのう、
 第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉石、
 第十はひすい、第十一は青玉、第十には紫水晶であった。

 十二の門は十二の真珠であり、門はそれぞれ真珠で造られ、
 都の大通りには、透き通ったガラスのような純金であった。
 わたしは、この都の中に聖所を見なかった。
 全能者にして主なる神と小羊とが、その聖所なのである。
 都は、日や月がそれを照す必要がない。
 神の栄光が都を照らし、小羊が都の明かりだからである。
 諸国民は都の光の中を歩き、
 地の王たちは、自分たちの栄光をそこに携えて来る。
 都の門は、終日、閉ざされることはない。
 そこには夜がないからである。
 人々は、諸国民の栄光とほまれとをそこに携えて来る。
 しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う者は、
 その中に決してはいれない。
 入れる者は、小羊のいのちの書に名を記されている者だけである。

宝石が出ているのは、聖書「出エジプト記」39章8~14に記されている大祭司の胸当てエポデの宝石をここに掲げることによって、新しいエルサレム日本の過去が「ヤコブの12部族」であったことを証明するためです。
これらの宝石に匹敵する「印璽」が、首飾りとしてわがくにに伝来しているのです。
日本の国の土台や城壁である「歴史」や「偉大な預言者」が、尊く栄光にみちたものであったことを繰り返し述べています。

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/29(水) 12:46 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/31(金) 21:03 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。