与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は新しいエルサレムとなる 7

戦後70年 4

戦後70年の節目に 3

日米関係70年=イスラエル建国70年
「○○後70年」ということを、最も重要視しているのは、ユダヤ人たちと親ユダヤの方々です。
それは、「NWO ニューワールドオーダー」を合言葉にして、彼らが世界を一極支配すべき「時」だと考えているからです。
完全支配が成就したあかつきは、宗教は廃止され、彼ら以外は、「奴隷」あるいは「家畜」のごとく管理されます。
「日本」も日本語も消滅させるつもりです。なぜなら、彼らは「世界支配」のために日本人の先祖たちが作成した「聖書」や「預言」を乗っ取っていて、彼らは協力して、1948年に「イスラエル国」を建国しました。こうして、神と世界を欺きとおして今日に至っています。

彼らは、「世界支配」のために、「旧約聖書」を簒奪していたのですが、「ヨハネの黙示録」を利用しないと、キリスト教国である欧米の協力をえられないので、「ヨハネの黙示録」をも簒奪して、今日の地位を築いているのです。
策略としては、「キリスト教徒は、『新しいエルサレム』成就のために奉仕する使命がある」という論法なのです。

この、イスラエル建国こそが、世界の紛争の火種となっており、大量の難民の発生の根源となっているのですが、これに最も力を貸したのがイギリスなのです。ですから、「難民移民の流入」を阻止するためEUからの離脱を計って、ドイツなどにそのリスクを負わせようとしているのは図々しいかぎりと言わざるを得ません。
「中東難民の責任はイギリスとユダヤの支配者層が最も負うべきであり、その責任が厳しく追及される。」ことを預言しているのが、「ヨハネの黙示録」が提示している「ハルマゲドン」問題なのです。
彼らの計画している「七十年問題」とは真逆のことが今後起こって、世界平和が成り、世界の人々が随喜の涙を流すようになるか否か、それは、日本人の理解度と使命感にかかっているのです。
その「日本人の使命」達成のためには、世界紛争と大量難民の発生の原点を正確に押さえておかなければなりません。



シオニズム運動
「シオンの丘に帰ろう」と言う言葉をスローガンにしたことから、シオニズム運動と呼ばれています。
シオンとはエルサレムの別名です。聖書では「おとめシオン」と呼び掛けられることもあります。

1897年には、テオドール・ヘルツェルの呼びかけで、第1回世界シオニスト会議が開かれ、パレスチナにユダヤ人国家を建設することが決議されました。

われわれは、その地で、アジアに対する防壁の一部を作り、
野蛮に対する文化の前哨の任務を果たすであろう。
われわれは、中立の国家として、われわれの自由を保証しなければならぬ全ヨーロッパと提携するであろう。
テオドール・ヘルツル著「ユダヤ人国家」より抜粋

アジアの西端での画策
イギリスが、この「ユダヤ人国家」実現にむけて、とった三枚舌外交と呼ばれるトリッキーな外交施策はのちの中東の混沌の元凶となりました。
イギリスが、フセイン・マクマホン協定、バルフォア宣言、サイクス・ピコ協定という、実現できない矛盾した約束手形を振り出して、世界に火を放ちました。

1915年、メッカの太守フセイン・イブン・アリーとイギリスの駐エジプト高等弁務官ヘンリー・マクマホンとの間でやりとりされた書簡の中で、イギリスは第一次大戦における対オスマン帝国(トルコ)打倒への協力(アラブ反乱)を条件にアラブ全域をまたぐ大きなアラブ人の統一国家の独立を支援すると約束しました。

1917年、イギリスの外務大臣アーサー・バルフォアが、イギリスのユダヤ人コミュニティーのリーダー ロスチャイルド男爵ライオネル・ウォルター・ロスチャイルドに対して送った書簡で、イギリス政府は、パレスチナにおけるユダヤ人のナショナルホームの建設に賛意を示し、その支援をすることを約束しています。

さらに、イギリスは、中東を3分割してイギリスとフランスとロシアで分けあうという秘密協定の「サイクス・ピコ協定」をも結んでいました。
主に植民地支配権と資源利権の分配を意図して線引きしたこのときの分割は、現在まで影響を与え続けています。
サイクス・ピコ協定でフランスとイギリスによって引かれた恣意的な国境線により、クルド人はトルコ・イラク・イラン・シリア・アルメニアなどに分断され、世界最大の国を持たない3000万人の民族集団が発生し、大量の難民を生み出したのです。
民族問題とパレスチナ問題がこうして作られたのです。

イギリスが音頭をとってのヨーロッパ列強の侵略が行われるまでの19世紀まで600年以上にわたって、イラクから北アフリカまでの広大な地域は、オスマン帝国の支配下にありました。

オスマントルコはイスラム教国でしたが、宗教に寛容で、キリスト教徒やユダヤ教徒なども許されていた国でした。
イギリスの画策によってオスマン帝国が解体されて、ここ劫火の消えない世に突入したのでした。

第二次対戦後、パレスチナの土地からパレスチナ人を追い出して、イスラエルが建国されることになりました。このことが、現在なお解決しないパレスチナ難民問題の原因となっています。
キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の共通の聖地のあるエルサレムを分割し、ユダヤ教徒に占有させることを認めてしまったからです。


アジアの東端での画策
1945年8月、日本の殆どの都市は焼土となり、原爆にみまわれ、無条件降伏をしました。
そしてGHQの統治下に置かれました。すなわち、このとき「神国日本」は死んだのです。

1947年11月、国連はパレスチナ分割案の採決をしました。
ここで大きな力を発揮したアメリカ政府の分割案支持派は、
そこにユダヤ人国家ができれば、
中東に安全かつ進んだアメリカの基地ができるからという理由でした。

1948年5月14日 イスラエル共和国が誕生しました。
そのときのイスラエル側のコメントは、次のようなものでした。
 
聖書が絶えず繰り返している預言者の約束が成就し、
イスラエル共和国が再び誕生したという事実は、
人智が有限、最高の力(スーパーナチュラル)が、
人間の諸条件の上に影響しているということを、
人類に認知させ認識させる出来事である。
これは、神の御意思による人類救済の雛形か。
約束の民に約束の地を賜ると聖書が預言した彼らの権利と義務を、
地上の権力が否定することは到底みとめることができない。

このときのキリスト教側のアメリカの見解も挙げてみます。

イスラエル国の再建は、
まさしく聖書を信じるキリスト教徒にとっても、
旧約聖書と新約聖書の預言の成就である。
聖書を信じる者だれもが、
キリスト教とイスラエル共和国とが引き離せない関係にあることを
知っているはずである。
クリスチャンの信仰の一部は、
このイスラエル国の平和のために祈り献身することである。
アメリカが長く祝福されてきた理由のひとつは、
私たちがイスラエル側についてきたからである。


イスラエルも日本もアジアを覆う米欧の戦略基地網の要衝の一つに過ぎません。
第一次世界大戦も第二次世界大戦も、「エルサレム問題」「石油の利権」「米欧の基地ネットワーク」「アジア総植民地化」の四つのファクターを抜きにして語ることはできません。
アジアのあらゆる問題にワシントンが介入するのはこのためです。

そして、エルサレム問題とは、「ミレニアム」、「千年王国」という言葉を併せて捉えないと全貌が見えません。
言い換えれば、聖書で裏打ちされた「エルサレム問題」とは、「聖書で解決するか、武力で解決する方法をとり続けて永遠の劫火と為すか」の二者択一以外に方法がないのです。

日本のみなさん、これが、ユダヤ教徒とキリスト教徒が世界をかき回していることの実態なのです。
日本にとっては「前門のトラ」と「後門のオオカミ」なわけです。
これから彼らの「NWO」を完成させようと虎視眈々としているわけです。
彼らのこの目標を達成するために、最も目障りな国、それが日本なのです。
なぜなら、聖書を作成したのが日本人預言者たちであり、イエスが日本人であり、「ヨハネの黙示録」がその事実を開示するための特別な預言だからです。
しかも、クレタ島出土の紀元前1600年頃の「ファイストス円盤」が、ヨセフからモーセ、ダヴィデにいたる日本人の古代史を明かし、
神宝をアルゴー船で運び出したことの「証拠物件」として備えられているのです。
中国の史書であると言われている「三国志」には、日本で「魏志倭人伝」と呼ばれる「三国志魏書東夷伝倭人条」も含まれています。
が、その「魏志倭人伝」の冒頭は、ホメロスが「イリアード」や「オデュッセイア」で書いている「クレタ島」の部分なのであり、そこから約100キロメートルのところに存在するサントリーニ島の「大噴火以前に」そこは、倭人だけが居住していたことを明かす「驚異的」な古文書として作成されていたのです。

このようなことが、世界に知れ渡らないようにしなければ、「イスラエル国建国」の際に、「これは、神の御意思による人類救済の雛形か。約束の民に約束の地を賜ると聖書が預言した彼らの権利と義務を、地上の権力が否定することは到底みとめることができない。」などと宣言したことや、「イスラエル国独立宣言」の演説で、「この地でユダヤ民族は最初に国家を建設し、民族的かつ普遍的重要性を持つ文化的価値を創造し、世界に聖書という永遠の書物を与えた。 」という宣言も「彼ら」とは無縁であることがはっきりするのです。
そうでなくても、イスラエル国やこれを維持している国際ユダヤ人にたいして、また、彼らが今日まで利用してきた「ユダヤ教」や「キリスト教」にたいして懐疑的となり、彼らの政治行動が眉唾ものであることを、世界の人々が気づいてきているからです。

ユダヤ教徒の支配者層とその協労者であるキリスト教徒(ネオコン等)は、70年前のように、もう一度日本を壊滅させようとしているのです。しかし、日本を壊滅させることはできないことを、「ヨハネの黙示録」は預言しています。
そればかりか、旧約聖書も新約聖書も一貫して、このことを預言してあります。

今、第三次世界戦争の決着が迫っていることを教えてくれているのは、何と、ヨハネの黙示録なのです。
ヨハネの黙示録を解読すると、第三次世界大戦はすでに始まっています。
今後、日本はどうなるのか、それを聖書の預言から予想する前に、現在の世界情勢を分析してみましょう。




スポンサーサイト
コメント
初めまして。
日本は新しいエルサレムというお話しを
大変興味深く拝見させて頂きました。

(わたしはイスラエルのレムナントの方々は、
神様の民であり、日本人の兄弟の方々と
考えておりますので、この点は賛同致しかねますが、)


聖書の奥義であるラプチャーという現象についてですが、
日本が新しいエルサレムとすると、
日本は人だけでなく、
国土ごと天に挙げてられる可能性はありますでしょうか?

もし、聖書や、様々な神話などに
土地もろとも挙げられる記述などはありますでしょうか?
2017/03/09(木) 20:32 | URL | #-[ 編集]
自己完結してしまってすみません。

聖書のダニエル2章にありました。
2017/03/09(木) 20:41 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。