FC2ブログ

与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

日本は新しいエルサレムとなる 13

日本の戦後70年とイスラエル建国70年  つづき
トランプ大統領 在イスラエル米国大使館をエルサレムに移転」  つづき

ペンス米副大統領のエルサレムでの演説 続き
Our President made his decision, in his words, “in the best interests of the United States.
” But he also made it clear that we believe that his decision is in the best interests of peace.
By finally recognizing Jerusalem as Israel’s capital, the United States has chosen fact over fiction.
And fact is the only true foundation for a just and lasting peace.
私たちの大統領は、彼の言葉によれば、「米国の利益のために」決定しました。
しかし、彼はまた、彼の決定が平和にとっても最大の貢献になると信じていることを明確にしました。
最終的にエルサレムをイスラエルの首都として認識することによって、米国はフィクションではなく事実を選んだのです。
事実こそが永続的な平和のための唯一の真の基盤です。

Under President Trump, the United States of America remains fully committed to achieve a lasting peace between Israelis and Palestinians. (Applause.)
トランプ大統領の下で、米国はイスラエルとパレスチナ人の間に永続的な和平を達成するために全力を尽くしています。

In announcing his decision on Jerusalem, the President also called, in his words, “on all parties to maintain the status quo at Jerusalem’s holy sites, including at the Temple Mount, also known as the Haram al-Sharif.” And he made it clear that we’re not taking a position on any final status issues, including the specific boundaries of the Israeli sovereignty in Jerusalem or the resolution of contested borders.
And President Trump reaffirmed that, if both sides agree, the United States of America will support a two-state solution. (Applause.)
大統領は、エルサレムに対する彼の決定を発表するにあたり、次のように述べています。
「ハラム・アル・シャリフとしても知られているテンプル・マウントなど、エルサレムの聖地での「現状を維持」しているすべての当事者」たちについては、「彼は、エルサレムでのイスラエルの主権や境界についての争い、国境紛争の解決など、最終的な地位問題については立入る立場を取っていない」ことを明確にしました。
そして、トランプ大統領は、両国が合意すれば、米国は二国家間の解決策をサポートすると再確認しました。

We know Israelis want peace, and we know that Israelis need no lectures on the price of war. The people of Israel know the terrible price all too well. Your Prime Minister knows that price. He himself was nearly killed in battle, and his beloved brother Yoni was killed while courageously leading the Entebbe hostage rescue 41 years ago.
私たちはイスラエル人が平和を求めていることを知っており、イスラエル人は戦争の経費についてレクチャーの必要がないことを知っています。イスラエルの人々はひどい経費については、あまりにもよく知っています。
あなたの首相はその価値(リスク)を知っています。41年前、エンテベ人質を勇敢に救出しながら戦死した彼の最愛の兄ヨニ、彼は殺されました。

And you, who know the price of war, know best what the blessings of peace can bring — to you, to your children, and future generations.
The United States appreciates your government’s declared willingness to resume direct peace negotiations with the Palestinian Authority. And today, we strongly urge the Palestinian leadership to return to the table. Peace can only come through dialogue. (Applause.)
そして、戦争の価格を知っているあなたがたは、平和の祝福があなたがた、あなたの子供たち、そして未来の世代にもたらすことの価値を最もよく知っています。
米国は、パレスチナ自治政府との直接和平交渉を再開する意思を政府が表明したことに感謝します。そして、今日、私たちは、パレスチナの指導者がテーブルに戻るよう強く要請します。平和は対話を通じてのみ達成することができるのです。(拍手。)

Now, we recognize that peace will require compromise, but you can be confident in this:
The United States of America will never compromise the safety and security of the State of Israel. (Applause.)
Any peace agreement must guarantee Israel’s ability to defend itself by itself.
今や、私たちは平和には妥協が必要だと認識していますが、あなたはこれに自信を持つことができます。
米国がイスラエル国の安全と防衛を危うくすることは決してありません。(拍手)
いかなる平和協定も、イスラエル自身がイスラエルの防衛力の能力を保証しなければなりません.

Now, there are those who believe that the world can’t change; that we’re destined to engage in endless violence; that age-old conflicts can’t be solved; and that hope itself is an illusion.
But, my friends, President Trump doesn’t believe it. I don’t believe it. And neither do you.
今、世界が変わることができないと信じている人がいます。私たちは際限のない暴力に対処する予定です。古くからの紛争は解決できていません。そして、その希望自体は幻想です。
しかし、私の友人、トランプ大統領はそれを信じていません。私はそれを信じていない。そしてあなたがたも。

I stand here today in the city whose very name means peace.
And [as] I stand here, I know that peace is possible because history records that Israel has made the very difficult decisions to achieve peace with its neighbors in the past.
私は今日、その名前が平和を意味する都市ここに立っています。
私はここに立っていますが、過去に、イスラエルが近隣諸国との平和を達成するために非常に難しい決定を下したことを歴史が記録しているのですから、平和が可能であることを知っています。



スポンサーサイト



コメント
No title
以前、こちらのサイトは読みづらいとコメントを残したものですが、私が古代史に興味を持つきっかけになったサイトでもあり、原作されている方が高齢の方であるのでWebの事には疎いのはしょうがないなと今では思います。

数年前に勝手なコメントを残しておいて、今更勝手な事を書いて申し訳ありませんでしたが、こちらのサイトが私の古代史の興味を引き立ててくれたことは間違いありません。今更ながら、失礼しました。今も、更新されているようなので、今後とも更新なさってください。m(_ _)m
2018/08/02(木) 07:39 | URL | #-[ 編集]
Re: No title
コメントをたまわり ありがとうございます

> 以前、こちらのサイトは読みづらいとコメントを残したものですが・・・

お返事しなかったようで 申し訳ありません
「このブログが読みづらい」こと わたくしが一番悩んでいることです
それでいて 改善していないこと これも一番の問題点です

結局
・聖書預言   ヨハネの黙示録 ユ教とキ教問題 エルサレム問題 歴史問題 
・魏志倭人伝  歴史問題 宗教の悪しき利用の問題 
この二つの件に集約されます
ということは 簡単に説明して済まされるような問題ではないのです

日本の近代史は前者の思惑を後者が引き継ぎ 引き継がない者を抹殺 黙殺してきた歴史です
わたくしも黙殺されていますが これを超えると・・・・というわけで
78歳 影響力ゼロ 故に 自然死が待たれているのが現状です

「聖書」や「魏志倭人伝」その他の古文献の多くは この「二件の問題」を解決するためにあるのです
「こころをつくし 知力をつくし 力をつくさなければならない」と預言されていることを 
簡単明瞭にわかるようにすることは わたくしにはできそうもありません

古代史の興味を 発展させて 
なぜ西洋は「うその歴史」「うその聖書解釈」ばかりを教えてきたのか
日本は「魏志倭人伝」について 偽りのみを 100年以上もの間 垂れ流し続けているのか
「統一教会」や「オウム真理教」が首相や都知事に承認され応援されたのはなぜか
こうしたことに つながるということまで考察していただきたく存じます

2018/08/14(火) 13:44 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる