FC2ブログ

与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

日本は新しいエルサレムとなる17

日本の戦後70年とエルサレム問題

日本のアイデンティティー
日本のアイデンティティーを求めて、わたくしは3世紀の末頃書かれた中国の史書「三国志」の「魏書」中の「東夷伝倭人条」の略称「魏志倭人伝」の邪馬台国や卑弥呼について研究してきました。
その結果、「帯方郡」から「邪馬台国」までの10の行程は、イタリアのベネチアからルクソールまでであると、したがって、邪馬台国の奥の院はエジプトであると、明治末に発表された木村鷹太郎氏の説が正しいことを、このブログで解き明かしています。
それを、わたくしが検証するにあたって、「ギリシャのクレタ島出土のファイストス円盤」を、第一級の証拠物件としてとり挙げました。
なぜなら、「ファイストス円盤」は紀元前16世紀頃のものであるとされていますし、そうすると、日本語と文字に関して、これを超える証拠物件は今のところ見当たらないからです。しかも、そのファイストス円盤には、「エホハ」「ヨセフ」「マナセ」「エフライム」「アジア民」「ケフチフ(クレタの古名)」といった「超ド級の固有名詞」が書かれてあります。
このことは、ファイストス円盤が聖書の謎とリンクしているということです。
さらに、「破損したアルゴー船」「牡牛座」「すばる座」の星座図まで描かれてあるのです。

日本で、「縄文時代」と言われている時代に、地中海方面で、「3500年以上後の時代の子孫が解くべき謎々」を提供する能力のある先祖たちが活躍していたということになります。
「魏志倭人伝」も、後世の国民が「解くべき謎々」として編纂して下さったのは1700年も昔のことです。

このような、重要なこと、驚くべきことに少しも関心をしめさないばかりか、説明に出かけても鼻であしらうような人々、ゴルフをするためなら海外に出かけるのも辞さないが、このような世にも不思議なことを耳にしても、確かめる気概すらもたない人々、そのような人材に国政をまかせているのですから、この国は一体どうなってしまうのでしょう。

ところで、今、中国では、歴史的なことが生じているのです。

中国の「夏王朝エジプト説」



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる