fc2ブログ

与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

令和日本の行方

アメリカのマスメデイアに驚く

アメリカ大手マスメディアの偏向ぶりには、たいして驚いていません。
こんなことは、とうの昔からの慣例ですから。
今回は、世界中の一般世間の間にも、こうしたことが認識されてきたことに、
意義を感じていますし、世界は「ヨハネの黙示録」通りに進んでいるという
感触をもつことができたので、そのことに驚いているのです。

2001年9月11日、ニューヨークで「911事件」が発生しました。
あの時、私は、偶然、最初からずっと見ていました。
あれよあれよという間に、高層ビルディングが崩れるさまは、高層ビルの解体
工事そのものでした。その道の最高の技術陣が、計算し尽くして行った、完璧
な仕事そのものでした。
その中で大勢の人々が亡くなられたことは、どう考えても理不尽でした。

そのことを思うと胸がドキドキして、居ても立ってもいられなくなり、知人二人に
電話をしました。

一人は、「電話では話せませんから、東京まで出向きませんか」とのことで、
東京まで出かけて、その真相について話し合いました。
二人の結論は、「彼ら」の「21世紀の政策のアジェンダ」だというもので、
それを世界の同志に公表したということでしょう、というものでした。
すなわち、「彼ら」は、何時でも、何処ででも、テロをでっちあげて、敵を
思うままに創作して、テロでも戦争でも遂行することが可能であり、かつ、そう
した詐欺行為に、誰一人反論できないということを内外に知らしめる
行動で
あろうということです。

他の一人も同意見でした。
「NWO」にむけて、どんな汚い手でも使えるということを確認し、かつ、決意を
固め合っているのであろうと。

アメリカでも世界でも、マスメディアはこぞって、この、ブッシュ政権下の、
マジック的テロ物語の語り部を務めあげました。
「911事件とは、ジャンボ機がニューヨークの貿易センタービルディングを
崩壊させたのではなく、ビル解体工事を偽装したものである」と、その道の
専門家を集めて問いただすこともなければ、検証することもしないという、
恐るべき無責任ぶり偏向ぶりで、足並を揃えたマスメディアを目撃しました。

次に、時の第41代アメリカ大統領ジョージ・ブッシュ氏は、聖書に手を置いて
「我々正義の側について対テロ戦争に参加するかそれとも不正の側につくか」
と国々に「聖戦」を迫り、アフガニスタンやイラクに戦争を仕掛けました。

アメリカでもヨーロッパでも、マスメディアは「ブッシュ大統領の聖戦」を後押し
して、正義とは正反対のことを正義だと連日連夜、がやがやと騒ぎ立てて
煙幕を張りました。
そして、大衆は、アメリカ大統領の犯行に関して口をつぐんでしまいました。


その光景は イザヤ書10章の預言そのもの

イザヤ書10章
12 主はシオンの山、エルサレムで、
  ご自分のすべてのわざを成し遂げられるとき、アッシリヤの王の高慢の実、
  その誇らしげな高ぶりを罰する。

13 それは、彼がこう言ったからである。
  「私は自分の手の力でやった。私の知恵でやった。私は賢いからだ。
  私は国々の民の境を除き、彼らのたくわえを奪い、全能者のように、
  全住民をおとしめた。

14 私の手は国々の民の財宝を巣のようにつかみ、また、
  私は、捨てられた卵を集めるように、すべての国々を集めたが、
  翼を動かす者も、くちばしを大きく開く者も、さえずる者もいなかった。」

ここで、何故「シオンの山で」という言葉があるのでしょうか。

それは、このアッシリア(今はアメリカ)は、NWO計画を遂行中なのですが、
それは「新しいエルサレム(すなわちシオン)」の顕現という預言の簒奪行為
途次であり、神ではなく、武力わけても核という武器で、皆を黙らせているの
であり、しかも聖書に手を置いて、神に従っているそぶりをしているからです。

15 斧は、それを使って切る人に向かって高ぶることができようか。
  のこぎりは、それをひく人に向かっておごることができようか。
  それは棒が、それを振り上げる人を動かし、
  杖が、木でない人を持ち上げるようなものではないか。

16 それゆえ、万軍の主は、その最も頑丈な者たちのうちにやつれを送り、
  その栄光のもとで、火が燃えるように、それを燃やしてしまう。
17 イスラエルの光は火となり、その聖なる方は炎となる。燃え上がって、
  そのいばらとおどろを一日のうちになめ尽くす。

予言は「いばら」即ち「チャーチルやローズベルト」ら、原子爆弾製造の元凶
の「いばらの騎士たち」や「ブッシュ(おどろ やぶ)」たちを滅ぼす日が来る
ことを預言しているのです。

43代大統領ジョージ・ブッシュの弟ジョン・エリス・ブッシュ氏は、2016年、
大統領選挙への出馬を正式表明したのですが、このとき「ジョージ・ブッシュ
の911の悪業のことを暴露する」と、ドナルド・トランプ氏が言ったと伝えられ
ています。
でも、未だ、トランプ大統領の口からは911の真相が語られてはいません。


イザヤ書10章14は「twitter」するものもいなかつたと預言しています。
「twitter」すらも封じられる世界になるという預言がこの2020年11月に実現したのです。

大統領や副大統領、それも「聖書」に手に正義を振りかざして「NWO(ニュー
エルサレムの代理を務めて世界を統治)」を実現しようという、世界の権力者
たちの、悪行に対して「囀る者もいない」という世界が「聖書どおりに実現した」
のです。

すると、「イスラエルの光は火となり、その聖なる方は炎となる。燃え上がって、
そのいばらとおどろを一日のうちになめ尽くす。」ということが起こる日も遠くは
ないでしょう。

こうして、預言の最終段階が近いという認識に立って、「ヨハネの黙示録」を
次回から再び取り上げてみます。



スポンサーサイト



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020/12/19(土) 20:22 | | #[ 編集]
Re: ハルマゲドン終了
コメントありがとうございます。
石川様のを見ておりました。

ヨハネの黙示録どおりに粛々と進んでいるようですね。
パウエルさんがおっしゃっていたように
清い者はますます清く・・・を世界中が見ることができました。

それにしても巨大テック企業が足並みを揃えて牙をむいて・・・脅威 驚異!
5G網が完結した暁には人々は「身動きならぬ」奴隷になるところを
救ってくださったT大灯良様に感謝を捧げ皆でご無事を祈りましょう。
2021/01/16(土) 07:11 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる