与那国島沖の海底遺跡が世界史のどこに組み込まれ得るかという問題は未解決の分野です。 せっかくですから、この巨大なテーマを、自由な発想と柔軟な心で考察する(ブログ上の)素人学会ができれば・・・と夢みています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国難 東日本大震災

東日本大震災の脅威

2011年3月11日の東日本大震災
被災者のみなさま、心より御見舞い申し上げます。
大地震、巨大津波、原子力発電所爆発、石油コンビナート群爆発炎上・・・こんな四重苦に見舞われるとは・・・・
とても現実とは思えないような、筆舌に尽くせない大惨事。
第二次世界大戦再来の悪夢のようです。

唖然呆然の日々のうちにも、被災者の皆様の温和な立派な態度、救援の輪のひろがり、そして、原子力発電所に決死の放水をしてくださった東京都消防庁ハイパーレスキューの方々の奮闘振り、など・・・暗中にも一筋の光明を見出しています。

しかし、今後の日本人は、大変な苦難をしのばねばならないでしょう。
何しろ、被害地の範囲が広大ですので、巨大地震と巨大津波からの復興でさえ、神戸の場合よりは、はるかに困難であることが予想されます。市や町が消失してしまったという惨状なのですから・・・

また、関東地区の石油コンビナートの8施設のうち5施設が壊滅したのですから、工場の燃料、ガソリン、電力等々、あらゆる分野においての不足をきたし、生産性の低下、事業や生活の大巾な支障をもたらすことは必至でしょう。国民みんな、こうした覚悟はしたと思います。

しかし、そのうえに、さらに重く重くのしかかっているのが、原発爆発問題です。

11日の地震、津波、コンビナート爆発炎上、そして、原子力発電所に異変が??と、めまぐるしいまでの惨状の報道にあれよあれよととまどっているあいだに、13日(土)14日(日)には、はやくも「放射能疎開」で日本脱出を遂げた外国人たちがたくさんいたそうです。
公式には、アメリカが真っ先に福島原発から80km以内のエリアに住むアメリカ人の避難を奨励、ついで、ドイツなどは、大使館の機能を、一時、大阪に移すといい、・・・
フランスやイギリスは、避難する人々にチャーター機を用意すると発表。イギリスなんぞは、20日までに避難しない者には、チャーター機の便宜を与えないとさえ告知・・・これは、あたかも、早ければ21日、あるいはそれ以後に原発の大爆発が起こることを想定していたと云っているのと同じです。このあまりにも早すぎる逃げ足は・・・なに????
アメリカの巨大原子力航空母艦が艦隊を引き連れて、Operation Tomodachi 「ともだち作戦」と銘打って、TOMODATIと船体に大書してまでのスタンバイ、この超早業は、何を意味しているのでしょう。
長さ330メートル、10万トンの巨体の原子力航空母艦は、時速56km。24時間ぶっ通しに全速力で航行しても1300km、沖縄ー仙台の直線距離でも1800km。それなのに、スタッフ、飛行機、ヘリコプターを搭載して、艦隊7隻を引き連れて3月14日にはもうご到着。・・・・いつ用意したのですかね。

火を見るよりも明らかとはこのことです



福島の牛乳と茨城のほうれん草が放射能汚染されていると発表されました。
我が家でも、宅配の牛乳が14日からストップ。こんなことは、15年間配達していただいて、初めての出来事です。スーパーでも、牛乳のコーナーは空っぽでした。

こうして、はやくも、農業や漁業に悪影響が出始めました。
観光客の減少をも意味します。ホテルや観光地や商店は今後一体どうなるのでしょう。
なんだか、ひとつまたひとつと、難問が積み重なってくるようです。
日本経済は今後どうなっていくのでしょう。
今後、原子炉の爆発を防げなかった場合は、日本は、鎖国状態に突入???




第二次世界大戦以来の国難
3月13日のシーター様のコメントへの返事に、「わたくしの72年の人生で、第二次世界大戦以来の大事件でした。」「今回の大惨事を天災、あるいは、自然の猛威と呼ぶことには賛成できません。」と書き込みましたが、まさに、日本国にとって「第二次世界大戦以来の国難」です。

外国が持ち込んだ難問と人災
福島原発の爆発事故が、「想定外の天災だから」といって言い逃れをできないという点、そして、これはアメリカやイギリスから持ち込まれた国難であったという点について書かずにはおれません。


3月11日に起きた東日本大震災で被災した東京電力の福島第1原子力発電所は、日本で事実上の初の原発導入でした。1971年3月に運転を開始し、6基の沸騰水型原子炉を備えたものでしたが、この原子炉はアメリカのGEが製造した沸騰水型原子炉「マーク1」で、津波は前提になかったといいます。

その後日本では沸騰水型原子炉は東芝と日立製作所が基本設計を引き継いで独自開発を進め、津波や地震を考慮するようになったとはいえ、今回のような大型の災害を前提にしたものではありませんでした。

そして、アメリカのGEが持ち込んだ原子炉について、以下のような、恐るべき欠陥製品であったことが明らかにされています。


時事ドットコム 2011/03/16-08:33より抜粋

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)15日
事故があったのは、「マーク1」と呼ばれる沸騰水型原子炉の一種で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が1960年代に開発した。
同紙によると、米原子力委員会(現在の米原子力規制委員会の前身)の専門家は72年、マーク1の原子炉格納容器が小さいことを問題視。水素がたまって爆発した場合、格納容器が損傷しやすいとして「使用を停止すべきだ」と指摘した。格納容器は、冷却機能が失われて燃料棒の一部が溶け出す炉心溶融の状態になった際、放射能を封じる役割を担う。
また、80年代半ばにも、米原子力規制委員会の専門家が事故の危険性が高いと主張した。


このような、いわくつきの危険な原子炉か、こともあろうに、地震と津波の巣に設置されていたのです。


ニューヨーク 15日 ロイター発の記事に注目してみましょう。

米ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N: 株価, 企業情報, レポート)の元社員が35年前、今回事故があった福島第1原発の「マークI型」原子炉の安全性に対する懸念が理由で、同社を退社していたことが明らかになった。
GEの元社員デール・ブライデンボー氏はインタビューに応じ、同社製「マークI型」原子炉について、大規模事故による負担に耐えうるよう設計されていなかった、と指摘。「当時、公共事業各社がこの事実を十分深刻に受け止めていたとは思わない。分析が終了するまで一部の原子力発電所は閉鎖されるべきだと思っていたが、GEや公共事業各社はそれに応じるつもりはなかった。そのため私はGEを退職した」と語った。
さらに、同氏が指摘した設計上の問題は確かに第1発電所に知らされおり、かなりのコストを要することも明らかになっていた、と述べた。


というものです。


一方GEは声明を発表し、
・沸騰水型原子炉マークIの技術において、過去40年間安全に稼働してきたという事実があると主張。
・「1980年に(米原子力規制委員会は)マークI原子炉の格納容器に関する包括的な業界向け指示を出したが、GEはそれに従い、全ての顧客にそれを通達した」としている。
 

という、御気楽な声明を出しているようですが、ことは、靴や洋服の販売と同一次元で語れるものではありません。ことは、個人や日本一国の被害や損失ではなく、世界中に悪影響を及ぼす大問題なのです。
「全ての顧客にそれを通達した」ではすまされません。なぜ、日本国に、撤去の警告をしなかったのですか。
「過去40年間安全に稼働してきたという事実がある」というのもウソ。日本ではいろいろな事故がおこっていますし、今回事故をおこした福島第一原発3号炉については、危険すぎるので、運転しないでいたといういわくつきのものでした。
また、それを、わざわざ、意見を無視して、2010年10月26日、3号炉の運転を強行した東京電力の社長は、どんな了見なのでしょう?避難などの現場指揮をせず、福島県民ひいては日本国民の前に陳謝も説明もしなといういのは、経営者として失格なのではないでしょうか?
わたくしは、こうした核の施設は、最初から戦略的に配備された「トロイの木馬」であると思っております。


私は原子力発電所を日本に敷衍することに反対でした。
日本人は、無辜の市民の頭上に原爆を二つも落とされた国なのですから、その恐ろしさを世界に伝えて、原爆の製造をやめさせる使命を帯びた国だったはずです。
そのような、使命を帯びた日本国が、その使命を果たさず、生活に便宜を与えそうだからと、原子爆弾製造者たち(極秘裏に原爆製造することに最も貢献したのがGEとデュポン社)と手を結んで、自国に原子力発電所を54基も持ち込んだのですから、日本国民全員が、これから、原爆犠牲者の方々と同じような苦難を味わうようになる境遇となることはひとつの帰結であると申せましょう。

私たちは、原爆の犠牲者たちから、原爆の脅威から何も学ばなかったという愚を犯していたのですし、なぜ、あのような痛ましい犠牲者がでたのかということを、そもそもの根本から真摯に考えるということを怠っていたのです。
ですから、今度という今度は65年前に戻って、学びなおさなければならないのだと思います。

このようなことを書くと、後出しじゃんけんで、いまさら、遅い、偉そうだ、と煙ったかられるかも知れませんが、聞いてください。

原子力利用に対する私の批判については、2004年6月30日に発行した自費出版の「日本の謎と聖書の謎」上巻272ページ~の「バベルの塔のマンハッタン計画」「原子力の幻想が生んだマンハッタン計画」に書いております。
392ページには、
 核開発や軍事産業に深くかかわっていたゴリアテ王家のメンバーたちが、
 「正義のための戦争」を遂行したり、「世界平和の使者」を務めたりすることは、
 人々の目をごまかすことは可能であっても、神を欺くことはできません。
 また「彼ら」が軍事力で世界を制圧するために極秘裏に作った核兵器は、
 その生みの親、育ての親たちに一番の呪いとなるという運命にあるものでした。


と記して、「原子力産業」を推進した者たちを、神に対する、日本国に対する冒涜者と捕らえております。
私たちは、口で「平和」を唱えても、原爆製造者たちと手を結び、彼らに利益を与え、便宜を享受してきたのですから、平和運動をしたとか、原爆慰霊碑の前で祈っているとかで通用するはずがありません。8月の6日と9日に祈りを捧げ、「原爆反対」と唱えているだけでは、平和が実現するどころか、国民の命や生活さえも守れないということが、これで明らかになったのです。

さて、ゴリアテ王家のメンバーとは、エリザベス女王、ベルギー王室、チャーチル、ローズベルト、ブッシュたちです。他のメンバーについては、ここに羅列したり解説したりするには、ページ数がたりませんので、ここで、生きていて、いまなお、世界に隠然たる実力を発揮しておられる女王が、ご自分たちの所有していたウラン鉱山のこと、科学者たちに自ら如何に原子力開発を要請したかなど、記憶しておられるはずでので、神の御前、世界の前、日本国民の前に告白して謝罪していただき、償いをしていただきたいと思います。
そうすれば、核問題が飛躍的に推進して、世界は、今より安心して住める環境になりましょう。

「原子力利用計画」は、鉱石の採掘工程、精選工程、分離抽出工程、核燃料製造工程から原子力発電所と使用済み燃料にいたるまで、そのすべての場所、すべての工程が「半永久的汚染」の洗礼を受けるという「呪われた物質」です。
ですから、心ある科学者たちが、「原子力利用」に強く反対していました。にもかかわらず、反対意見を封殺して、諸国の民々のまったく与り知らぬ極秘のプロジェクトで「原子力利用」をゴリ押し敷衍してしまったのが、上記のメンバーです。
そして、イギリス王家やヨーロッパの各王家の所有地の河川や海を汚染しないですむようにと、広大な国土のアメリカにウラン鉱石と科学者たちを移しました。
その結果、アメリカの「オークリッジ」「ハンフォード」のような戦慄の「黄泉=墓場」をつくりだしてしまいました。



拝啓 エリザベス女王様
あなたがたは、原子力利用計画を画策したことを全世界に陳謝し、償ってください。
あなた以外には、「原子力利用計画」のそもそもの発端の当事者、かつ、利権者にして代表者が残っていないからです。彼らは、日本における「原子炉利用」の惨憺たる結果を見ないうちに死んでしまったからです。

しかし、あなたは生きておられます。そして(イギリスの女王であるばかりではなく、英国国教の宗主でもあるエリザベス女王様、今回の日本の原子炉爆発事故。そして貴国の人々が脱兎の如く日本脱出をするのを見ても、あなたがたは何も痛痒をお感じではないのですか?
原子爆弾が日本の無辜の市民を大量虐殺し、被爆者たちを苦しめ続けたことに対し、あなたの良心はとがめなかったのでしょうか。ぜひ、お聞きかせ頂きたいと思います。

あなたがたは「原子力の平和利用」「エネルギー問題の解決」というスローガンのもとに「原子力利用」を推進されましたが、オークリッジ、ハンフォード、チェルノブイリの「黄泉=墓場」の仲間にあらたに日本の福島が加わることによって、その「原子力の平和利用」とか「経済的」とかいうようなメリットは少しもない、悪魔的怪物であることが実証されました。
もし、そうではないと言い切るのであれば、ぜひとも、バッキンガム宮殿に原子炉を建設してくださいませ。

原子力の平和利用というウソが生んだおぞましい結果を知ったあなた、この悪魔的怪物の誕生に一役買った王家のエリザベス女王様が、今、謝ってくださらなければ、この小児のように無知なわたくしたち日本国民は決して目が覚めず、この「冥王プルトーンのプルトニューム」利用をやめず、神のエデンの園に散りばめられている50以上もの悪魔的「原子炉」を稼動し続けることを決してやめないでしょう。

そして、「わたしたちの知恵で、今後これを乗り切ってみせる」などという愚かなことを云いつづけて、無残な犠牲者を増やし続け、神の園を「黄泉=墓場」に変え続けることでしょう。

女王様が、謝罪されたなら、わたくしたち日本人は、54基の原子炉を閉鎖して、そこを、美しい園に作り変えるべく改心し、そのための苦難や窮乏をも乗り越えて耐え抜くための気力と知恵が湧き出ることでございましょう。


核の犠牲者をこれ以上増やしつづけることになりますと、その神罰は、ヨハネの黙示録18章のとおりになりましょう。その章は、エリザベス女王様とご親族の諸王家と貴国のため、そして、原爆誕生のときに原爆を祝福したバチカンのために書かれてあるからです。
ご子息の嫁さんが「地雷撤去キャンペーン」に顔出しすれば、「英国王室とご親族の方々が地球を墓場にしょうとしたメンバーの要員である」という顔を「平和主義者」に塗り替えることができると思っておいでかもしれませんが、そのようなごまかしは、たとえ世界中の人々を騙しおおせても、神の御前には通用しません。
一刻も早く、女王様御自ら世界の前で陳謝して、その途方もない財産を償いに充てるようになさるよう陳情申し上げます。

img009.jpg

この写真は、大英博物館所蔵の14世紀の楽園地図です。上が東で、その東の果てに楽園が描かれてありますが、そこが神の園エデンの日本国です。
あなたがたは、その、絵のような麗しい神の園に来て、開国を迫り、たいそう陰険なアンフェアな条約、不平等条約を結びました。その条約がわたくしどもの国の首かせとなって、貴国がアヘンで獲得した中国における権益に利する「日清戦争」を遂行するきっかけになりました。(つまりイギリスの代理戦争をさせられたのです。)
これは、数千年にわたる日中友好関係に大きな亀裂をいれる暴挙であり、それは、まったくいまいましい「日英条約」のせいでした。

イギリスは、日本における革命を画策して、銃を捨てて平和に暮らしていたわが日本に、大量の銃と戦艦と革命マニュアルを売りつけ、あまつさえ、こともあろうに、エデンの園の大神官たる天皇に軍服を着せ、英国王のコピーになりさがらせました。この革命のことは、「日本の体制変化は、日本人だけから発生したような外観を呈しなければならず、どこまでも日本的性格を備えているようにみせかけなければならぬ」などなど・・・貴国の当時のイギリス外務大臣クラレンドンの訓令のファイルが証言いたしております。

あなたの国はMI6の前身である秘密組織の画策で、アラビアのローレンスなる者をトルコに差し向け、オスマントルコにも革命を仕掛けて、その領土をもぎ取り、それをイギリス得意の悪名高き三枚舌外交で勝手に分割して分配したことが今日の中東戦争とテロの尽きることの無い惨劇の基となりました。
あなたはこれによって莫大な石油の利権を手になさいましたね。
これについても、英王室およびイギリス国は世界に陳謝しなければなりますまい。

一方で、貴国とその同盟者たちは、日本の守護神恵穂葉神の「神国」というレッテルを汚し、それを剥ぎ取り、そして、貴国が画策して分捕った地の一角にイスラエルなる偽りの神の国をこしらえ、それに、わが日本に約束されていたタイトルを剥ぎ取ってそこへ貼りつけました。

こうして、あなたがたの所有していた地図にも明記されていた「麗しかった恵穂葉神のエデンの園=神国日本」は二重に名実ともに汚されました。
原爆を無辜の市民の頭上で炸裂させただけではものたりず、「国民の税金を際限なく吸い上げて破滅に導く原子力発電所」をエデンの園に大量に売りつけるといった冒涜の連鎖の基を作ったのはあなたがたです。
わたくしたち国民が、「原発導入」に対して決してノーと云えないように、核の棍棒でもって貶めたのもあなたがたです。

あなた方の利権のために「識者の反対意見」を封印し、横車を押して、「原子力利用」を実行させたのは、あなたのご親族のチャーチルやローズヴェルトらでしたが、あなたも、科学者たちにそれを要請したことが歴史的書物にちゃんと記録されています。

あなたがたにこのように云っているのはわたくしではありません。
ヨハネの黙示録18章をごらんください。そこには、もっと悪いあなたがたの真実の姿が書かれております。
どうか、災いがこれ以上積み重さならないために、真実に目覚めて、一刻も早く陳謝し、償いをなさいますように陳情申し上げます。

                    2011年3月22日 原爆&原発被災国日本の一国民




スポンサーサイト
コメント
No title
引き続き、こちらにもコメントさせて頂きます。
津波の画像には、目が釘付けになりました。この世の出来事とは思えませんでした。

人の暮らしのあるところに原爆を投下されたのは日本だけですが、人の住む町や村を、あれ程広範囲に、強烈な津波が襲ったのも、日本だけだと思います。

日本は、希有な何かを具えていると思います。
2011/03/21(月) 13:14 | URL | 五節句 #-[ 編集]
Re: No title

> 津波の画像には、目が釘付けになりました。この世の出来事とは思えませんでした。
> 人の暮らしのあるところに原爆を投下されたのは日本だけですが、人の住む町や村を、あれ程広範囲に、強烈な津波が襲ったのも、日本だけだと思います。

五節句様、コメントありがとうございます。
この大災害を乗り切るには、国民みなの「神と自然に対する恩愛」と同胞への思いやりと知恵と労力と金という、5拍子が揃わなければ成功しないでしょう。
戦後の復興が、この5ヶ条の条件を抜いてなされたものなので、やり直しを要求されているのです。
ですから、宮城や福島などの復興は、県や個人レベルで行うべきものは一つもなく、神国日本へ生まれ変わるための「神から国民全体に課せられた課題」として国家的、全国民的にやり遂げなければならないのだと思います。

たとえば、「万里の長城」に喩えられていたという田老の津波防波堤、あれは欠陥ダムです。
堅牢なダムでさえ、大量の増水には耐えられないので、決壊をさけるために放水をして水を逃がします。そんなことぐらい実験をすればすぐにわかることです。
かえって、あのダムへ水を溜め込んで、一気に押し出すという逆効果を露呈したのです。

松島の大小さまざまな、松のみどり美しい島々のほうがよほどこの巨大津波を防いでくれたようです。

あの海岸の巨大な欠陥ダムにしろ、原子力発電所にしろ、風力発電機にしろ、神国日本の風景を著しく損なうものは、すべて「神と自然」の是認を受けないと心得たほうがよさそうです。
わが政府と役人とゼネコンどもは、「儲けと利権」さえ見込めれば、あとさきかまわず、お手軽に、強引になんでもおっぱじめてしまいます。儲けと利権は「彼ら」リスクは国民、国民は、二重三重の犠牲者です。
慎重派の正論は受け入れられませんし、反対派の運動家というのも、彼らのなかまであることが多いのです。


西洋科学の最先端知識を集めたプルとニューム炉の爆発のせいで、わが日本国の再生は「プチ鎖国」からはじまるのでしょうか。だとすると、少し、江戸時代に立ち返って見る必要があるのではないでしょうか。

五節句様がごらんになったここの記事、途中でしたが、書き足しましたので、ご批判を仰ぎたいと存じます。

原発のうち浜岡原発を止める事が急務なのです。
そのために、「拝啓 エリザベス女王様」を書きました。みなさまがコピーして女王様に送付して下さるといいのですが。
日本の総理大臣や政治家は、エリザベス女王のような「聞く耳」を持ってはいないからです。

日本では、わたくしは、今回のような事態を避けるため、議員会館の福田康夫 安倍晋三 森喜朗 田中真紀子 越智隆雄(元)の部屋に陳情書を添えて著書を置いてきましたが、一言半句の返事もございませんでした。岸・福田事務所に(偶然)計7年勤めた人間にすらこの仕打ちです。この2家系から計5人の総理が出たことと、これらの方々が「原発」推進の方々の身内であるということは偶然ではありません。



2011/03/24(木) 17:31 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
お邪魔いたします
最初にお詫びします。管理者様の事を殆ど知りません。関西在住の中卒のおばさんです。 この地震後からあるサイトに辿り着き、今まで知らなかった様々な事を知り、のほほんと生きてきた事や、時間が悔やまれます。 トカラの地震が気になって自分なりに調べてゆくと、海底遺跡?やら、立神岩やら、イザナギプレート、神話にいきつきます。 どこを掘り下げても神々や創造主に巡る様な気がして、不思議なのでこれから勉強してゆきたいと思っています。 世界地図や英語を真剣に教わっていたら・・・と今深く反省しています。 失礼しました。
2011/03/25(金) 22:10 | URL | #ZJmJft5I[ 編集]
Re: お邪魔いたします
玉さま コメントありがとうございます。

> この地震後からあるサイトに辿り着き、・・・トカラの地震が気になって自分なりに調べてゆくと、海底遺跡?やら、立神岩やら、イザナギプレート、神話にいきつきます。 どこを掘り下げても神々や創造主に巡る様な気がして、不思議なのでこれから勉強してゆきたいと思っています。

このようなコメントを下さる方は、教養の素養がじゅうぶん備わっておられると存じます。私が、おや??と「不思議」に気づいたのは32歳ころのことでしたが、子育てなどに追われて放置していましたし、英語の学力なども、今もって、中一程度の綴りも書けません。しかし、聖書には「権威者や学者から知恵を隠し、・・・赤子のようなものに顕す・・」と書いてあることをたよりに、小児のように「何故、何故」とさまざまな本を、アンダーラインを引きひき、ポストイットだらけにして読み、現地を尋ねて歩き回ったりなどしているうちに、あなたと同じように、「海底遺跡?やら、立神岩やら、イザナギプレート、神話にいきつき、どこを掘り下げても神々や創造主に巡る様な気がして」、やっとここまで辿り着きましたが、まだ、道ははるかです。

聖書の創世記のアダムとイヴが「古事記」のイザナギとイザナミに連動しており、両書がイザナミプレートの「黄泉」へ陥れられる窮地からの「よみがえり」を命じ、日本国民に「修理固成(おさめつくりかためなせ)」と命じている預言の書物であるということを、政治家の方々にも知っていただこうと、上記、五節句様のコメントに書きましたように、安陪晋三氏・福田康夫氏の議員会館事務所で、せめて「秘書」氏にでも話を聞いていただこうとしました。しかし、着席すらも断られました。私が、赤坂プリンスホテル内の派閥事務所である岸信介氏の「十日会」福田赳夫氏の「党風刷新連盟」に勤めていて、両氏あわせて7年間いたことなど申し上げましても、そのような昔のことなど言われても・・・とまったく冷ややかでした。著書と陳情書を置いてきましたが、一言半句の返事もありませんでした。

岸信介氏や、福田赳夫氏について、本当の裏面などについては、単なる事務員である私どもではうかがい知る由もございませんでしたが、両氏の私どもに対するマナーは、その子息や孫である方々の「秘書官」の最低マナーとは雲泥の差で、私どもの言うことでも、ちゃんと耳を傾ける方々でした。
たとえば、岸信介氏が揮毫をされておりましたとき、「私にもいつか一枚書いていただけませんでしょうか」と申し上げますと、「忘れるといけないから今書いてあげるよ。」とおっしゃって「公心如日月」と、さらさらと書いてくださいました。

現代の人々は頭も心もキャパシティーが小さくて、「既に満タン」であるようで、私の著書やブログを読んでも、頭の隅にも、こころにも留めない方々が殆んどで、なんと、うちの娘たちまでそうです。
「これから勉強してゆきたいと思っています。」というような方は、大変まれです。そのお気持ちで勉強されておられますうちに、神智の不思議さを体得なさることと存じます。
ありがとうございました。

2011/03/26(土) 15:37 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
お返事頂き、恐縮しています
私は関西に住んでいて、主人は奄美群島にある島の出身です。 定年したら、畑を耕して、魚を釣って、墓守をして、という細々とした人間本来の生活をしようと思っていました。 この地震で被災された方に、ぼろ家ですが雨露がしのげて、原発の恐怖から逃れていただければと、提供を考えていましたが、念のために地震情報や年表をみると・・・トカラや奄美が揺れています。 大昔には八重山地震というのが起きて,日本の津波では1番高い、最大遡上80Mもの津波が発生したと載っていました。 地球がおかしい今、故郷は土地が低いので提供は断念しました。 そんなこんなで色々調べて、こちらに辿りついたしだいです。 私は小さな時から、何故か知識もないくせに神様はひとつだと考えていました。 ちょっと大人になった頃は、イエス様・日蓮さん・ユダヤ・禅・etc・・・は、神様というか創造主がそれぞれの国に、姿を変え、必要な時代に現れてくださるのかと・・・宗教学者さんが聞いたら悶絶されるでしょうね。 地球深く眠っていたウランを取り出したり、クローンを作ったり、月に降り立ったり、遺伝子組み換えたり、人工地震等は、してはいけない事だったので、神さまが(いいかげんにしろ)と(目をさませ)とお怒りになっておられるのでは・・・立神岩というのが中央構造線の辺りにあるのは偶然でしょうか?パソコンの情報など見られない時代から、時間と労力や資金を使って調べて来られて尊敬します。 家にいながら教えて頂いて、もったいない気持ちでいます。 ありがとうございます。

2011/03/30(水) 12:54 | URL | #-[ 編集]
No title
少し遅れましたが、又、拙ブログに、記事の一部を抜粋し、掲載させて頂きました。
私は、こちらの記事を拝読致しまして、興奮がありました。 日本には四季があり、山、川、空、海、そして、田圃、津々浦々に極めて独特で愛すべき風景があり、そして、歌が作られ、優れた文化が培われてきました。
世界に誇るべき日本、そういう想いが、私の中で色褪せたことは一度もありません。
原発は、その日本の魅力を全否定するものである、ということを、こちらの記事から、私は思い知ることが出来ました。 西欧列強国による、日本文明の侵食とも、感じます。

日本の政府高官は聞く耳を持たない、と雖も、この度ばかりは、嫌でも聞かなければいけないと思います。
2011/04/02(土) 12:13 | URL | 五節句 #-[ 編集]
Re: お返事頂き、恐縮しています
> 私は関西に住んでいて、主人は奄美群島にある島の出身です。 定年したら、畑を耕して、魚を釣って、墓守をして、という細々とした人間本来の生活をしようと思っていました。

奄美群島・・・いいところですね。大島紬という「世界に冠たる」染色と織りの技術が保持されているところとして、尊敬しているところです。祖父、祖母、母、私、娘・・・と、我が家では大島紬を第一位に置いておりましたので、・・・


<この地震で被災された方に、ぼろ家ですが雨露がしのげて、原発の恐怖から逃れていただければと、提供を考えていましたが、念のために地震情報や年表をみると・・・トカラや奄美が揺れています。 大昔には八重山地震というのが起きて,日本の津波では1番高い、最大遡上80Mもの津波が発生したと載っていました。 地球がおかしい今、故郷は土地が低いので提供は断念しました。 

せっかくの善意ですが、重責が生じますので、断念せざるを得ないでしょうね。
こうして、7、8千年前の謎が解ける時期であるということは、7、8千年に一度のことが起こりうるということだと思っています。


<私は小さな時から、何故か知識もないくせに神様はひとつだと考えていました。 ちょっと大人になった頃は、イエス様・日蓮さん・ユダヤ・禅・etc・・・は、神様というか創造主がそれぞれの国に、姿を変え、必要な時代に現れてくださるのかと・・・

日本が太古に世界を治めていたアトラス(トロイア)の後裔なのですから、宗教のルーツが一つであるといえるのです。しかし、どこにおいても、宗教関係者たちが道を迷路に作り変え、権力と集金の獲得に都合よく改造してしまっているのです。


<地球深く眠っていたウランを取り出したり、クローンを作ったり、月に降り立ったり、遺伝子組み換えたり、人工地震等は、してはいけない事だったので、神さまが(いいかげんにしろ)と(目をさませ)とお怒りになっておられるのでは・・・立神岩というのが中央構造線の辺りにあるのは偶然でしょうか?

おのころ島=上立神岩が中央構造線の辺りにあるのは偶然とは思えません。
あそこは、断層があるばかりではなく、奇形アンモナイト化石の産出地なのです。
邪馬台国エジプト説の続きを書き終えたら、イザナギプレートのこと、イザナミ日本が3月11日の地震で2、5mも東へ動いたことなどと聖書の預言との関係について書くつもりです。
また、コメントを寄せてください。ありがとうございました。




2011/04/11(月) 12:37 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
Re: 五節句様
五節句様、お礼のコメントが、またまた、おくれまして申し訳ございません。

私のパソコン「プリウス」が、ついに、起動しなくなりました。それまでにも、CDRを差し込むと、「エラー」の表示が出て機能しなくなったり、ほかのときも、しょっちゅう「エラー」割り込んできて妨害をしておりましたが、ついに、全機能を停止しました。

しばらく、パソコンと絶縁状態でしたが、昨日、古いパソコンを手に入れまして、当座のしのぎにすることにしました。
20~30分で電源が切れることの多い代物ですので、お詫びのみ記させていただきます。

>記事の一部を抜粋し、掲載させて頂きました。
> 日本には四季があり、山、川、空、海、そして、田圃、津々浦々に極めて独特で愛すべき風景があり、そして、歌が作られ、優れた文化が培われてきました。
> 世界に誇るべき日本、そういう想いが、私の中で色褪せたことは一度もありません。
> 原発は、その日本の魅力を全否定するものである、ということを、こちらの記事から、私は思い知ることが出来ました。 西欧列強国による、日本文明の侵食とも、感じます。

災害という目の前の事実への対処が重要ではございますが、もっと奥深い「原因と結果」「因縁」という真実への考慮を欠いていては、すべて「水の泡」となってしまうように思われます。
わたくしは、このへんのことに、最も疎いのが「政治家と官僚」ではないかと思っております。


> 日本の政府高官は聞く耳を持たない、と雖も、この度ばかりは、嫌でも聞かなければいけないと思います。

五節句様、私たちの声は「ごまめの歯軋り」かもしれませんが、「温故知新」「歴史への反省」の重要さを、おたがいにアピールし続けてまいりましよう。
ありがとうございました。また、後ほど・・・

2011/06/01(水) 11:23 | URL | 「考古学の再検証を!」 提唱者 #-[ 編集]
No title
こんにちは。
こちらのブログを読み進めてみると、確かに欧米の利権者たちもいるようですね。人工地震説には根拠不十分で、バカらしく思っていますが。

911の陰謀説は既に、「7つの疑惑」とかいうキーワードでビートたけし室園のTV番組がヒットします。Youtube上で。

日本の原発問題でも、事故直後からネットを中心に様々な検証がされました。結果、GEなどの外国メーカーの言うことを無視して無責任に原子炉を使い続けたのは、原子力村の責任者達ではないでしょうか。元技術者の大前研一氏や元官僚の古賀茂明氏などが色々な指摘をされたのをご存知ないのでしょうか?外国の圧力で・・・は根拠がありません。

また、古賀茂明氏は現在でも、有料メルマガにて原発政策の問題点・課題・現況をわかりやすく解説してくれています。

聞く耳を持たない政治家も、名前の上がった政治家はどれも無能な人たちではないでしょうか?経済(経世済民=エコノミクス=オイコノミクス=共同体のあり方)を独学した私からしても、信頼出来る政治家は自民党保守派ではないと思います。 改革派=欧米の手先と誤解されているのでしたら、話は終わりですが。岸氏の家系で元官僚で、改革派政権で尽力したこともあり、評判のまともな経済誌で記事を書いている、岸博幸氏がいます。

ただし、私はプレート等の地震メカニズムは勉強していないのでそのへんの知識はありません。しかし、余りいい加減なことを書くと~~陰謀説の類の一つで誰も相手にはしれくれないでしょう。

せっかく積み上げた貴重な証拠・古代史の解読を大切になさってください。


以上、乱筆乱文で申し訳ありませんが、反論申し上げました。
2013/07/07(日) 15:53 | URL | 古代史初心者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

「考古学の再検証を!」 提唱者

Author:「考古学の再検証を!」 提唱者
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。